シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

土屋太鳳&門脇麦「まれ」コンビが再共演!人気女性作家3人の短編をドラマ化

土屋太鳳&門脇麦「まれ」コンビが再共演!人気女性作家3人の短編をドラマ化
三浦しをん原作の第2話「炎」で共演する土屋太鳳&門脇麦

 NHK連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳と門脇麦が、来年1月4日にフジテレビ系で放送されるスペシャルドラマ「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」で再び共演することが明らかになった。

 「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」は、湊かなえ、三浦しをん、角田光代という現代を代表する3人の女性作家たちの傑作短編小説を映像化したオムニバスドラマ。彼女たちの作品はこれまで多くドラマや映画で映像化されてきたが、今回の3作品はまだ映像化されていないもの。また、小説原作のドラマは限られた放送枠に合わせ、原作を改変した形で制作されるものも多いが、本作は原作の長さのまま映像化したいという思いから企画され、「大人の鑑賞に堪えうるミステリー」をテーマに制作される意欲作だ。

 土屋と門脇が共演するのは、三浦しをんの「炎」(新潮文庫刊「天国旅行」所収)を原作にした第2話。毎朝、通学バスで登校する高校生の香川亜利沙(土屋)の日課は、憧れの先輩・立木尚吾(村上虹郎)の横顔を眺めること。図書委員の亜利沙は、図書室で仕事をしながらも、テニス部で練習に励む立木の姿を追ってしまう。しかし、そんな憧れの立木がある日突然、学校のテニスコートで焼身自殺をする。一瞬の出来事に衝撃を受けた亜利沙だったが、その後、立木と親しかった楢崎初音(門脇)と共に自殺の原因を探っていく……。監督は『ストロボ・エッジ』『娚の一生』の廣木隆一が務める。

 土屋は「『まれ』が終わって、別の作品(映画『orange−オレンジ−』)ですぐに山崎賢人くんと一緒にお仕事をして、その次にこの作品で麦ちゃんと一緒になって、すごく縁を感じます」と感慨深げ。「麦ちゃんは、どんな言葉よりも、“すごいな”という言葉が一番ぴったりきます。どうしたら、こんな表情ができて、こんな感情が出せるんだろうと思います。やっぱり、私にとって憧れですし、演じた亜利沙と初音の関係に似ているかもしれません。私はこれからも、麦ちゃんを追いかけていきます(笑)」とコメントした。

 一方の門脇も「いつか、また一緒にできればいいなと思っていましたが、まさかこんなに早く再会できるとは思っていませんでした(笑)。『まれ』とは役柄も全然違うので、新鮮なような、懐かしいような気持ちです」と喜びを語っている。

 「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」は2016年1月4日(月)午後9時~11時24分放送。湊かなえ原作の第1話「ムーンストーン」は永作博美、檀れいら、角田光代原作の第3話「平凡」は鈴木京香、寺島しのぶらが出演する。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 25日
  5. 土屋太鳳&門脇麦「まれ」コンビが再共演!人気女性作家3人の短編をドラマ化