シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

原節子、27年の女優生活と53年の空白

原節子、27年の女優生活と53年の空白
写真は小津安二郎監督作品『東京物語』より - New Yorker Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 9月に95歳で逝去していたことが、報じられた女優・原節子さん。「永遠の処女」と呼ばれるほど清潔なイメージと、日本人離れした顔立ちとプロポーション、容姿に劣らない演技力で日本映画の黄金期に黒澤明、小津安二郎といった巨匠の作品に出演した。

 1920年に横浜で生まれた原さんは、15歳でデビュー、アイドル女優として女優生活のスタートを切った。日独合作の『新しき土』(1937)ではアーノルド・ファンク、伊丹万作共同監督の下で、国際的な俳優・早川雪洲と共演を果たし、これをきっかけにスターの地位を確立。戦後は黒澤監督『わが青春に悔なし』(1946)、小津監督の『晩春』(1949)、今井正監督の『青い山脈』(1949)などで演技が再評価されるに至り、戦後民主主義的な女性像としても活躍した。

 中でも小津監督は、原さんの演技に絶対的な信頼を寄せていたようで『晩春』を含む6作品で起用。特に『東京物語』(1953)は、絶大な評価を受け、原さんの清潔で奥ゆかしい女性としてのイメージを不動のものにした。

 かたや、成瀬巳喜男監督の『めし』(1951)では生活感のある役柄を、黒澤監督の『白痴』ではドストエフスキー原作の重厚なドラマの中で高慢なヒロインを演じきるなど、時代や作品によってさまざまな役を務めた原さんだが、1962年の『忠臣蔵 花の巻 雪の巻』を最後に引退。その理由についてあらゆる憶測が飛び交ったが、亡くなるまでの半世紀、本人の口から事実が語られることはなかった。(編集部・那須本康)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 26日
  5. 原節子、27年の女優生活と53年の空白