シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』は女性の心に響く…レイア姫キャリー・フィッシャーが語るヒロイン像

『スター・ウォーズ』は女性の心に響く…レイア姫キャリー・フィッシャーが語るヒロイン像
新作ではどんな立場に? レイア姫を演じるキャリー・フィッシャー - (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ』旧3部作でヒロインのレイア姫を演じ、今月18日の公開が迫る最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でシリーズに復帰するキャリー・フィッシャー。『スター・ウォーズ』の中でも数少ない女性キャラクターを演じた彼女が、過去のシリーズが描いた女性像や、新作のヒロインについて語った。

 「わたしが演じたのはレイア・オーガナ、ダース・ベイダーのカワイイ娘よ」とキャリーが話す通り、レイアはシリーズを代表する悪役ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)とパドメ・アミダラの間に生まれた女性。出産直後にパドメが亡くなったことで、惑星オルデラン王室のオーガナ夫妻の養女となり、プリンセスとして育てられた。

 姫という肩書きのイメージと違い、気が強く、そのカリスマ性で反乱軍を導く勇敢な女性として描かれたレイア。キャリーは、「レイアという女性像は画期的だったと思うし、わたしもずっとそう言われ続けているわ。『レイアの生き方や人生にインスピレーションを受けた』と言われたことが何度もあるのよ」と振り返り、「このシリーズには女性の心に響くものがあるの」と断言。「女性ファンはずっとそう感じてきたのではないかしら。レイアには遊び心のある楽しい側面もあるし、自分が命の責任を負い、決断を下すような強い側面もある。物事にゆがめられたりしない女性は、勇気をもらえるの」と語る。

 『フォースの覚醒』からスタートする新たな3部作では、デイジー・リドリーふんするレイがヒロイン役を受け継いでおり、キャリーは「彼女はものすごいスピードで成長しているの。とても度胸があって楽しそうに取り組んでいる」と称賛。デイジーが表現する新たな女性像にも期待が持てそうだ。

 そんなシリーズ最新作についてキャリーは「帰ってこられてとてもうれしいわ。アンソニー・ダニエルズ(C-3PO役)は、ちっとも変わっていないし、まるで同窓会。『スター・ウォーズ』高校の同窓会よ」とコメント。同作への出演にあたり、羊の角のように髪を巻いた特徴的なレイアのヘアスタイルを再現しようとしたそうだが、「オバサンになったレイアがあのヘアスタイルだったら面白いと思ったんだけど、それはダメだったの。でも(新作の)レイアは何一つ変わっていないわ! 髪型以外はね」と笑顔で明かした。(編集部・入倉功一)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日 18時30分より全国一斉公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 2日
  5. 『スター・ウォーズ』は女性の心に響く…レイア姫キャリー・フィッシャーが語るヒロイン像