シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新『スター・ウォーズ』に日本の要素!高田馬場由来の惑星「タコダナ」登場

新『スター・ウォーズ』に日本の要素!高田馬場由来の惑星「タコダナ」登場
午前中のイベントは中止になったものの、その空き時間を楽しんだというキャスト陣&エイブラムス監督

 シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の来日記者会見が11日に舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで行われ、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、J・J・エイブラムス監督が来場。エイブラムス監督は、本作に登場する惑星の名前が、日本に由来していることを明かした。

 昨日来日した『スター・ウォーズ』ご一行。この日の午前中は、東京ディズニーランドのシンデレラ城前でイベントが開催される予定だったが、あいにくの悪天候により中止に。エイブラムス監督も「今日は天気が協力的でなかったんで、せっかくの写真撮影の機会を逃してしまった。しかも電車(ホテル近くの駅に停まるJR京葉線)が止まってしまったと聞きました。ここまで苦労して来ていただいてお礼を申し上げたい」と謝辞を述べた。

 とはいえ、イベントが中止となったことは多忙を極める彼らには恵みの雨となったようで、「逆に時間が空いたので、原宿にショッピングに行ったの! これからどれくらいの時間があるのかわからないけど、楽しんで帰りたいと思う」とデイジーがコメントすると、今回が初来日となったジョンも「滞在時間が短くてまだ街を見られていないけど、今日は秋葉原に行って、本来なら使わないようなもの、ドラムとかロボットなどを買ってハッピーだったんだ」と笑顔を見せた。

 いまだその内容が秘密のベールに包まれている本作。会見では「言える範囲でいいので秘密を教えてください」と懇願する声も出たが、エイブラムス監督の答えは「ノー」とキッパリ。あまりにもいさぎのいい返答ぶりに会場は大笑いとなったが、「僕は映画を観るときに(前情報を入れすぎて)ほとんど知っていたという気持ちになるのが嫌で。観客もそういう気持ちにさせたくないと思っている。だから劇場には“確認”に行くのではなく、“体験”しに来てもらいたいと思っている」とその意図を解説。しかし、ガッカリした(?)会場の空気を察したのか、「ただ一つだけ言えることがあります。作品の中に、『タコダナ』という惑星が出てくるんだけど、それは僕が日本に来たときに泊まった宿が高田馬場にあったので、『タコダナ』という名前を付けたんだ」と意外な事実を明かした。(取材・文:壬生智裕)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日18時30分より全国一斉公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 11日
  5. 新『スター・ウォーズ』に日本の要素!高田馬場由来の惑星「タコダナ」登場