シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

舘ひろし、柴田恭兵への生「泣かな~いで~」にファン歓喜

舘ひろし、柴田恭兵への生「泣かな~いで~」にファン歓喜
舞台あいさつに登場した舘ひろしと柴田恭兵

 俳優の舘ひろしと柴田恭兵が30日、都内で行われた映画『さらば あぶない刑事』の初日舞台あいさつに出席。ファンの熱い思いを感じた柴田が「泣きそう」とつぶやくと、舘は「泣かな~いで~」と自身の楽曲を歌って、会場を沸かせた。

 本作は、1986年に放送開始した人気テレビシリーズの映画化。定年目前になった横浜港警察署の刑事コンビ・タカ(舘)&ユージ(柴田)が、横浜を牛耳ろうと企む凶悪な中南米マフィアと繰り広げる壮絶な戦いを描いたシリーズ完結作。舞台あいさつには、浅野温子、仲村トオル、菜々緒、木の実ナナ、ベンガル、伊藤洋三郎、長谷部香苗、村川透監督も出席した。

 最後の花道を歩くかのように一同は客席を通り、ファンとハイタッチしながら登壇。「あぶない刑事とは何か?」を尋ねられた舘は、「柴田恭兵という俳優との出会いだった気がします。恭さまに会えて、影響をいっぱい受けて、その後の作品ができるようになった気がします」と吐露。柴田も「舘さんに会えて良かったです。大下勇次は舘さんがいなかったら生まれなかったと思います。懐の深い、とっても大きな存在の舘さんに出会えて良かったです」と思いの丈を語った。

 その後、会員約1万2,000名の映画公式ファンクラブに寄せられたメッセージを貼りつけた巨大ボードがお披露目され、舘は「すごくあったかくて感動しました。ありがとうございました」としみじみ。柴田も「泣きそうです」と言葉にならない思いを明かし、舘から「泣かな~いで~」と慰められた。

 そんな中、気になるのは浅野と中村の関係。テレビシリーズでは、先輩の浅野が後輩の中村をからかうという構図があったが、中村は「30年目にして、浅野さんと僕はうまくいかないということがわかりました」と苦笑。浅野も「30年前から私はトオルとは仲良くありません」と爆弾発言を投下し、笑いを誘った。

 イベント最後は大ヒットを願い、ドラマが放送開始した1986年製のシャンパンで乾杯。柴田は「あぶデカファンの皆さんに支えられて、30年間やってこられたと思います。本当に感謝しています。長い間ありがとう。これが最後です」と謝辞を送りつつ、「でも、アンコールの声が聞こえたら……」とファンに期待を持たせるコメントも。本作を最後にしたくないファンからの大きな拍手を受け止めた柴田は、「ありがとう、夢で逢いましょう」とユージさながらにキザに決めて、ファンを喜ばせた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『さらば あぶない刑事』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 30日
  5. 舘ひろし、柴田恭兵への生「泣かな~いで~」にファン歓喜