シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

禁句は愛、感動、衝撃、絆、笑いと涙!映画のキャッチコピーライター“惹句師”21年ぶりの洋画作品で明かす極意(1/2)

禁句は愛、感動、衝撃、絆、笑いと涙!映画のキャッチコピーライター“惹句師”21年ぶりの洋画作品で明かす極意
いよ~映画惹句師 ただ今参上! 関根忠郎氏

 かつての映画界には、作品の宣伝文句やキャッチコピーを作るコピーライター「惹句師(じゃっくし)」という呼び名があった。映画興行成績を左右するともいわれ、東映の時代劇全盛から任侠作品など担当した、唯一の名惹句師として知られた関根忠郎さん(78)が、洋画では21年ぶりに惹句を手掛けたジョニー・デップ主演作『ブラック・スキャンダル』(1月30日公開)。“惹句師”である関根さんに思いを聞いた。(取材・文:岩崎郁子)

「映画会社の求人」に飛びつく

 「子供の頃から外国映画のファンだった」という関根さん。高校3年のとき、「映画会社からの求人」に飛びつき、1956年東映に入社。洋画どころか、時代劇全盛の会社だったことを知り、「えらいところに入っちゃった」と。劇場の裏方を経験後、東京撮影所で宣伝担当になり。映画のポスターや広告などに載せる映画のコピーを書く仕事についたのがはじまりだった。

画像テキスト
21年ぶりに惹句を手掛けたジョニー・デップ主演作『ブラック・スキャンダル』(1月30日公開)

 「東映は古いタイプの人間が多くて、みんな、コピーのことを『惹句』と言っていた。『じゃっく』って何だと、辞書を引くと『人の心を惹く文句』とあって、なるほどなと思った」。その後、本社宣伝部へ異動。「そこに名惹句師がいて、私が勝手に師匠と言っていた。その人は歌舞伎に造詣が深く、時代劇作品などで七五調の惹句がぴったりはまっていた。師匠の惹句で韻を踏んだ心地よい言葉があるんだと知り、私は現代詩などを読んで勉強した」

手がけた惹句は40年間で約4,000本

 60年代から退社する1997年まで、作品のパブリシティーも手がけながら惹句づくりを続け、手がけた惹句は週2本、年間約100本、約40年間で約4,000本にのぼる。『仁義なき戦い』シリーズや、高倉健主演作など話題作も多い。なかでも「断トツに記憶している」というのが、萬屋錦之介主演『柳生一族の陰謀』(1978年公開)の惹句「我(わし)につくも、敵に回るも心して決めい!」だ。
東映時代劇を盛り上げた錦之介がフリー後、久しぶりに東映に戻り、主演した作品だが、この惹句が大評判に。「錦之介さんがお宅に帰ると、幼いお子さんが木刀を持って、『……心して決めい!』と、このセリフで出迎えたって(笑)」
映画の大ヒット記念パーティーで、錦之介から「ヒットはあんたのおかげだ」と涙ながらに手を握られた思い出もある。

感動を押しつけない

 他社からも声がかかるようになり、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ主演の『ヒート』(1995年公開)など洋画も手がけた。惹句の作り方は企業秘密だが、「なるべく使わないようにしている禁句集があるんです」と明かしてくれた。「まず愛、感動。衝撃、絆、笑いと涙……。『今世紀最大の感動巨編』とか一方通行、押しつけのコピーでなく、できるだけ映画の本質に沿った言葉にしたいからです」という。『ブラック・スキャンダル』は70年代にはじまる実話で、FBI捜査官、マフィアのボス、そして政治家の利害が一致し、欲望と権力、狂気に満ちた闇の世界が繰り広げられる。ジョニー・デップが実在した冷酷なギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じ(本人に似せるため頭をそり上げ)極悪非道ぶりが圧巻。(この作品の新聞広告は1月23日付け、朝日新聞全国版朝刊広告に掲載)関根さんは『ヒート』以来21年ぶりに、洋画の惹句に取り組んだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 29日
  5. 禁句は愛、感動、衝撃、絆、笑いと涙!映画のキャッチコピーライター“惹句師”21年ぶりの洋画作品で明かす極意