シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」

IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」
映画『民暴』の初日舞台あいさつが行われ(左から)河本タダオ、IZAM、紗綾、貝原クリス亮監督が出席した

 元SHAZNAでミュージシャンのIZAMが30日、都内で行われた映画『民暴』の初日舞台あいさつにグラビアアイドルの紗綾と登壇。紗綾の純粋さにすっかり惚れ込んだ様子で「撮影の時とても清純な子だった」と明かしたが、本作撮影後に、紗綾が週刊誌で披露した袋とじセミヌードグラビアを偶然目撃してしまったとも告白。「え、すごいぞこれ! あの純粋な子が?」とそのギャップに驚いたといい、「思わず袋切りましたよ! 淫らな感じでした」と話して紗綾を赤面させた。

 “名バイプレイヤー”の異名を取る木下ほうかが主演。ヤクザ相談所を舞台にした任侠映画で新米弁護士役を熱演する紗綾とヤクザ役で共演したIZAM。舞台あいさつにはヤクザの若頭を演じた河本タダオ、メガホンをとった貝原クリス亮監督も出席。

 IZAMはヤクザを過去何度か演じているといい、登壇すると「たぶん6ヤクザ目くらい」と話してにっこり。本作に出演する先輩俳優の白竜とは過去に同じ映画に出たことはあるものの、現場を一緒にするのが初めてで緊張したとも明かし、「すごくいい人。会うと『IZAMちゃん、座んなよ』って。優しくてかっこよかったです」としみじみ。

 河本のほうはヤクザ役の経験がIZAM以上に豊富で、「僕は二千ヤクザ目くらい」と会場を笑わせると、IZAMのヤクザ役に「結構迫力ありました。堂々としていましたよ」と太鼓判。本作で役者人生初のキスシーンにも挑戦したといい、「監督、次はもっと激しいのをお願いします」と茶目っ気たっぷりに答えて会場をわかせた。

 紗綾は「ヤクザに上からものを言う役でした。普段、難しいことを並べて物事を解決するタイプではないのでスカッとしました」と弁護士役がすっかり気に入った様子。だが、セリフまわしには苦労したといい、「一度も口にしたことがなかった『懲戒免職』という言葉を初めて使いました。NGを出して、現場はピリッとしていました」と照れ笑いで撮影を振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

『民暴』はシネ・リーブル池袋にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 31日
  5. IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」