シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

片桐はいり、芸名の由来は「ハイジ」と明かす

片桐はいり、芸名の由来は「ハイジ」と明かす
「子供の頃ハイジが大好きだった」と語った片桐はいり

 女優の片桐はいりが4日、都内で行われた映画『アーロと少年』のピーター・ソーン監督来日記者会見に出席し、ソーン監督が「日本の美意識に影響を受けました。宮崎駿監督は大好きな監督の一人」と語った際に、「自身の芸名の“はいり”は『アルプスの少女ハイジ』から取ったんです。通じますね」とその由来を明かした。会見には、日本語吹替版で声優を務めた安田成美、松重豊、八嶋智人、石川樹とプロデューサーのデニス・リームも出席した。

 アニメ映画『アルプスの少女ハイジ』(1974)は、高畑勲監督が演出を、宮崎駿監督が場面設定を担当したことで知られる名作。片桐は「子供の頃ハイジが大好きだったので、友達があだ名で“はいり”って呼んでくれるようになったのが由来です」と説明し、続けて「本作を観て、わたし、アルプスの山々を思いだしたんです。これってひょっとして……?」とソーン監督に尋ねた。

 これに対しソーン監督は、「山の頂がとがっていてピンク色に明るく光っているのは、『アルプスの少女ハイジ』のイメージもあります。ジョン・ラセター(本作の製作総指揮)は、これを“アルパイン・グロー(山の輝き)”って呼ぶんです」と製作の裏側を明かしていた。

 本作は、隕石が地球にぶつからなかったらという“もしも”の世界を舞台にしたフルCGアニメーション作品。ある日突然家族と離れ離れになり、ひとりぼっちになってしまった恐竜アーロと人間の少年の友情と冒険が描かれる。日本語吹替版では主人公アーロの声を石川が、アーロのママの声を安田が担当する。また、アーロが出会うTレックスの家族は、父親・ブッチ役を松重、おてんばな姉・ラムジー役を片桐、好奇心旺盛な弟・ナッシュ役を八嶋がそれぞれ務める。

 片桐は、自身の役どころについて「松重さんとは誕生日が1日違いですが、今回、(松重が声を務めるブッチの)娘をやらせてもらっています」とコメントし、笑いを誘った。

 韓国人の両親のもとに生まれたソーン監督にとって、本作は長編デビュー作であり、ソーン監督はピクサー長編作を手掛けた初のアジア系監督となった。また、ソーン監督の父親は日本で生まれたといい、「大自然に対するリスペクトの感覚は、日本から大きなインスピレーションを受けました」と振り返っていた。(取材/岸田智)

映画『アーロと少年』は3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 4日
  5. 片桐はいり、芸名の由来は「ハイジ」と明かす