シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

本木雅弘、“愛人”との鉢合わせを回避

本木雅弘、“愛人”との鉢合わせを回避
助演男優賞を獲得した本木雅弘

 俳優の本木雅弘が13日、文京シビックホールで行われた「第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席し、自身主演で秋公開予定の新作『永い言い訳』で妻役の深津絵里と愛人役の黒木華がこの場で鉢合わせすることに落ち着かなかったものの、黒木が欠席したことで危機回避できたと冗談を飛ばし、会場を笑いに包んだ。

 現在まで続いている映画雑誌としては最古となる1919年創刊の老舗映画雑誌「キネマ旬報」が発表している本賞で、本木は『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』での演技が評価され、助演男優賞を受賞した。本木は、「宣伝となりますが、さきおとといに、秋公開予定の西川美和監督『永い言い訳』のアフレコをしていました」と切り出し、「そこでは(『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』で主演女優賞の)深津絵里さんがわたしの妻、(『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』で助演女優賞の)黒木華さんがわたしの愛人ということで。実はこの場、映画でも実現しなかった鉢合わせの場となる予定で……。内心落ち着かなかったのですが、(舞台のために黒木が授賞式に出席できずに)危機回避することができました」と語り、一同を沸かせた。

 さらに「わたしは(『恋人たち』の)光石研さんとギリギリのところで、ひたいひとつで飛び出したということで、なんとか(助演男優賞を)いただけたということでございます。光石さんのような達者で味わいのある方と競えて誇りでございます」と晴れやかな顔を見せた本木。

 続けて「過去の受賞者に森雅之さん、勝新太郎さん、市川雷蔵さんという名前を見て、恐れ多いと共にありがたい気持ちです」と語りだし、「今から50年後、もし仮に生きていれば本木も100歳だなと思い出していただける時が来るならば。わたしのように、かつてのすばらしい先輩にあこがれるかのような、そのような気持ちを抱いてくれる役者さんがいたらいいなと想像します。そういう方に残るような作品に出られるよう精進したいなと思います」と付け加えていた。(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 13日
  5. 本木雅弘、“愛人”との鉢合わせを回避