シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

鬼才・園子温に「情熱大陸」のドキュメンタリー監督が迫る!

鬼才・園子温に「情熱大陸」のドキュメンタリー監督が迫る!
鬼才・園子温に密着 - (C)2016「園子温という生きもの」製作委員会

 2014年に放送されたテレビ番組「情熱大陸 映画監督・園子温」(MBS)を手がけた大島新監督がメガホンを取ったドキュメンタリー映画、『園子温という生きもの』が5月に公開されることが発表された。テレビでは伝えきれなかった鬼才・園子温監督の姿を捉えた力作になっている。

 『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』など他の追随を許さない作品を生み出す映画監督・園子温。ヒットを飛ばし続ける彼は、いつしか国際映画祭の常連になり、結婚し、そしてある日、敢然とメディアに登場するようになった。テレビだけではなく、小説を書き、絵を描き、バンド活動もする。そんな園監督の知られざる姿を捉えながら、染谷将太、二階堂ふみ、妻・神楽坂恵といったゆかりの人物による証言も交えた本作は、“生きもの”園子温に迫っている。

 大島監督はインタビューで、「(『情熱大陸』の)24分という尺の中では、園という人物を充分に描き切れなかった」と語り、密着しているときの園監督は「テレビサイズには収まりきらない魅力(と、ハチャメチャさ)に溢れていた」と明かす。また、「そう遠くない未来に、世界基準となる可能性を秘めている」と園監督を褒めたたえ、本作は「稀有な才能を秘めた珍奇な生きものの記録」だと紹介している。

 園監督の最新作『ひそひそ星』と同日に封切りされる本作。50歳近くまで、食うや食わず。ニッチなカルト監督だった園監督がいかにして日本を代表する映画監督になり、なぜ世界基準となる可能性があるのか。同じ映画人である大島監督が見つめた園監督の“いま”に、答えがある。(編集部・海江田宗)

映画『園子温という生きもの』は5月14日より新宿シネマカリテにて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 16日
  5. 鬼才・園子温に「情熱大陸」のドキュメンタリー監督が迫る!