シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『オデッセイ』が3週連続1位!4DXチケット争奪戦の『ガルパン』が急浮上!【映画週末興行成績】(1/2)

『オデッセイ』が3週連続1位!4DXチケット争奪戦の『ガルパン』が急浮上!
マット・デイモン主演!『オデッセイ』がV3 - (C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 土日2日間(2月20日~21日)の全国映画動員ランキングが22日に興行通信社より発表され、公開3週目の『オデッセイ』が3週連続でナンバーワンを獲得。先週末の動員は19万575人、興行収入2億8,487万7,800円と依然、好調をキープ。2月28日(現地時間)に授賞式が行われる予定のアカデミー賞では7部門にノミネートされており、その結果次第ではさらなる伸びも期待できそうだ。また初日から17日間の累計では、動員154万7,966人、興収22億6,181万6,600円を記録。動員150万人、興収20億円を突破した。

 1991年にキアヌ・リーヴス主演で公開された『ハートブルー』を世界のトップアスリートたちの超絶スタントでリメイクした『X-ミッション』が3位に初登場。538スクリーンで公開され、動員10万7,058人、興収1億4,417万4,400円を記録した。

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の人気ドラマの特別編を日本で劇場公開した『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』は7位に初登場。105スクリーンで公開され、動員4万8,484人、興収6,546万5,100円を記録した。また、思春期に揺れる男子高校生のピュアな思いを描いた中村明日美子によるBLコミックをアニメ化した『同級生』が9位にランクイン。全国30スクリーンで公開され、動員2万3,395人、興収3,430万8,700円を記録した。

 ほかにも公開5週目の『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』も依然、好調をキープ。先週末の動員は15万6,083人、興収2億104万8,200円を記録し、2位をキープ。累計動員287万5,684人、累計興収36億8,610万8,200円を突破した。また、公開10週目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』もベスト5圏内をキープ。累計動員705万6,285人、累計興収110億4,990万3,100円を記録した。

 さらに14週目を迎えた『ガールズ&パンツァー 劇場版』が先週の24位から8位と大幅なジャンプアップ。4DX上映など新規劇場での上映が開始され、激しいチケット争奪戦が繰り広げられた。また、それに合わせた来場者特典となる「バレンタインカード」の配布も実施。現在は99スクリーンでの上映となり、動員3万91人、興収5,966万1,700円を記録した。前週動員比は384%と驚異的な伸びとなった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 『オデッセイ』が3週連続1位!4DXチケット争奪戦の『ガルパン』が急浮上!