シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「仮面ライダーアマゾン」新作決定!仮面ライダーらしさを取り戻す!

「仮面ライダーアマゾン」新作決定!仮面ライダーらしさを取り戻す!
「仮面ライダーアマゾン」が新たに制作! 左が仮面ライダーアマゾンアルファ、右が仮面ライダーアマゾンオメガ

 1975年に放送された「仮面ライダーアマゾン」が新たに「仮面ライダーアマゾンズ」として制作されることが、シアターGロッソで18日に行われた製作発表記者会見で明らかになった。出演者の藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優と共に登壇した東映プロデューサーの白倉伸一郎は、本作で「『仮面ライダー』のライダーらしさを取り戻したい」と語っている。

 仮面ライダー生誕45周年という節目であるこの年に、仮面ライダーシリーズ第4作にして、シリーズ最大の異色作として名高い「仮面ライダーアマゾン」が新たに制作されることが決定した。藤田演じる主人公の仮面ライダーアマゾンオメガ/水澤悠は体が弱く、優しい心を持つ少年。彼は、自身とは正反対のキャラクターである仮面ライダーアマゾンアルファ/鷹山仁(谷口)との出会いで、自身の出自と生き方に向き合うことになる。

 白倉プロデューサーは会見冒頭、「最近、『仮面ライダー』って面白いですかね。個人的にはここ数年、あまり面白いとは思わなくて」と観客を挑発。「いまだに数十年前の『仮面ライダーアマゾン』がシリーズ最大の異色作と呼ばれるというのもいかがなものかと。それは挑戦的なものを生み出せていないという現状だから」と続けた白倉は、「『仮面ライダー』って良くも悪くもメジャーになってしまったんですよ。かつて『クウガ』や『アギト』の頃にできていたことが今はできなくなった。やれることの幅が狭くなってしまっているんです」とその思いを吐露した。

記事全体
左から東亜優、谷口賢志、藤田富、武田玲奈

 本作は、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」の日本制作第1弾オリジナル作品となる。白倉は「こういう機会がなければ企画も成立しなかったし、発想もなかった」と認めつつも、「今回の作品はリメイクであり、リブートであるけれども、シリーズが誇るもっとも意欲的な作品の力を借りて、『仮面ライダー』のライダーらしさを取り戻したい。牙を抜かれた『仮面ライダー』シリーズにもう1回、牙をもたらしてくれたらいいなと思っております」と高らかに宣言した。

 仮面ライダーを演じることになった藤田、谷口は共に「命をかけて頑張る」と意気込む。そんなキャスト陣を笑顔で見守っていた白倉は「先ほどはいろいろと良からぬことを申しましたが、彼らはすばらしい最高のキャスト。考えられるだけの最高のスタッフと共に、とにかくすさまじい世界をお見せしたいと頑張っております。4月1日配信ですが、エイプリルフールではございません」と晴れやかな顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

「仮面ライダーアマゾンズ」は4月1日より「Amazonプライム・ビデオ」にて配信開始(全13話)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 18日
  5. 「仮面ライダーアマゾン」新作決定!仮面ライダーらしさを取り戻す!