シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

外国女優の吹き替えは独壇場!鈴木弘子が突き進んだ声優業の魅力 連載第4回【声優伝説】(1/2)

外国女優の吹き替えは独壇場!鈴木弘子が突き進んだ声優業の魅力 連載第4回
その声優人生を語ってくれた鈴木弘子さん

 70年代~80年代に活躍していた外国女優の多くに、鈴木弘子さんが声をあてていた。テレビの洋画放送で、鈴木さんの声を聞かない日はないほどだった。ジャクリーン・ビセット、キャンディス・バーゲンをはじめ数多くの女優や、テレビアニメのキャラクターの声を演じてきた鈴木さんは、NHK児童劇団出身。生放送のテレビ、ラジオドラマなど、さまざまなジャンルで活躍したが、その中で最も魅力を感じ、突き進んだのが声優業だったという。声優という仕事の魅力とは何か、鈴木さんに聞いた。(取材・文:岩崎郁子)

■きっかけは「面白い仕事があるからやってみない?」の一言

 「面白い仕事があるからやってみない?」とNHKのプロデューサーから声がかかったのは大学生、19歳の時。スタジオで「このセリフを画面のお姉さんの動きに合わせて読んでみて」と言われて挑んだパスカル・オードレ主演映画『河は呼んでいる』の吹き替えが初めての声優業だった。鈴木さんは、「熱に浮かされたようにワクワクしました。私は小説におぼれ、学校を早退しては、渋谷の映画館で立ち見の人垣の中でときめく夢見る夢子でしたから、大いなる勘違いをして、そのフランスの田園風景にポンと置かれたのは自分だと思い込んだのです。映画ってそういう力を持っているでしょう?」と振り返る。

■簡単に録り直しできない時代の緊迫感

 それ以降、次々と吹き替えの仕事が来るようになった。テレビアニメ「サイボーグ009」の003(003/フランソワーズ・アルヌール)役の声の経験は大変だったという。「スタジオに行ったら、天井からぶら下がっている1本のマイクの下に足音を忍ばせて、奪い合うようにセリフを言う。003フランソワーズがパクパクしている間にこのセリフを入れるんだ、絶対にトチらないというすごい決意。スタジオに漂う緊迫感。簡単に録り直しできない時代の空気。日常生活にない集中力でしたね」と語る。

■20代後半、自分の声への挑戦が始まった

 透き通った高い声が持ち味だったが、「27歳くらいになり、諸外国の大人の女の持つ落ち着き、おそろしさを含め憧れていましたから『低い声でやってごらん』と言われた時のワクワク感は半端ではなかった。歌手で女優のバーブラ・ストライサンドの(声を務めた)時はビビりました。彼女、感情にまかせて太い声も出すし、歌なんてどれだけ伸びるかっていう声量で。自分の声への挑戦が始まったんです」と当時の心境を明かした。録音日が近づくと、煙草を吸い、酒を飲み、ステーキを食べたりして気分を高揚させたりもした。やがて、「自分の声の中に低く肉感的響きを発見した」と感じたという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 外国女優の吹き替えは独壇場!鈴木弘子が突き進んだ声優業の魅力 連載第4回