シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『仮面ライダー1号』藤岡弘、万感の思い!一人残り観客に手を振り続ける!

『仮面ライダー1号』藤岡弘、万感の思い!一人残り観客に手を振り続ける!
花束を受け取り満面の笑みを見せた藤岡弘、

 俳優の藤岡弘、が26日、都内にて主演作『仮面ライダー1号』の初日舞台あいさつを行い、終始ご機嫌な様子を見せながら、イベント終了後もしばらく一人だけ壇上に残り、観客に手を振り続けた。

 初代仮面ライダーの藤岡を迎え、国民的人気特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの45周年を記念して製作された本作。共演の西銘駿、岡本夏美、阿部力、長澤奈央、武田幸三、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之らも登壇し、仮面ライダーゴースト=天空寺タケル役の西銘は、45年の時を経て再び仮面ライダー1号=本郷猛を演じた藤岡を前に「小さい頃からずっと見ていた仮面ライダーは今でも永遠のヒーロー。今、見ている子供たちにとっても永遠のヒーローになれるようにと日々頑張っています」と胸を張った。

 その上で、「(撮影中)ヒーローとしての姿勢や演技についてたくさん教えてくれてありがとうございます」と藤岡に感謝の気持ちを述べると「これからも精いっぱい頑張っていきたい」と意気込んだ。

 藤岡は、若手俳優らを前に自身の思い描くヒーロー像を熱弁。「世界をいろいろ旅して思ったのは、己を捨てて民のために命を捧げる、自己犠牲の精神を持った、無償の愛を成し遂げるような人物、それこそが世界の子供たちが求めてやまないヒーロー像」と持論を展開し、「僕は子供たちを見ていると未来を感じます。民族も何も関係なく、地球人として子供たちのことを思う侍たちがこれからもどんどん出てきてほしい」と願った。そして、西銘らに向けて「若く新しいスターたちにも未来の映像界に希望を与えてほしい」とエールを送った。

 本作は、海外から急きょ日本に帰国した初代仮面ライダーが、宿敵ショッカーのみならず、新たなる敵・ノバショッカーたちと対峙(たいじ)する勇姿を活写。この日は仮面ライダー1号への感謝の気持ちを伝えるため、客席の子供たちから藤岡へ感謝の思いを込めた花束のプレゼントも行われた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『仮面ライダー1号』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 26日
  5. 『仮面ライダー1号』藤岡弘、万感の思い!一人残り観客に手を振り続ける!