シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オダギリジョー、最優秀主演男優賞受賞もオダギリ節炸裂「賞を与えようなんてココだけ」 - 第30回高崎映画祭(1/3)

オダギリジョー、最優秀主演男優賞受賞もオダギリ節炸裂「賞を与えようなんてココだけ」 - 第30回高崎映画祭
自虐発言で会場を盛り上げつつ、同映画祭への感謝を述べたオダギリジョー

 第30回高崎映画祭授賞式が3月27日に群馬音楽センターで開催され、市民が立ち上げた映画祭の節目の年とあって、『FOUJITA』(小栗康平監督)で最優秀主演男優賞を受賞したオダギリジョーから第30回記念特別賞の岸恵子、さらにビッグカメラ女子ソフトボール高崎のシニアアドバイザーの宇津木妙子氏ら高崎ゆかりの人たちが特別プレゼンターとして登壇し、賑やかな式典となった。

 式をさらに盛り上げたのはオダギリだった。オダギリは毎回、個性的なファッションで人々を楽しませてくれるが、この日はレイヤードになっているジャケットに黒のつば広帽姿。そのオダギリがスポットライトを浴びながらステージに現れると、会場の男性からは思わず「ジョーさん、カッコイイ!!」の掛け声が飛んだ。

 コメントも洒落をきかせたオダギリ節が炸裂。まず、「高崎映画祭は初めて演技で賞を頂いたところで、それ以来、何度か頂いていて思い出深い、自分の人生の1ページと思える場所だと思います」と語り、初主演映画『アカルイミライ』(2002)と『ゆれる』(2006)で最優秀主演男優賞、『空気人形』(2009)で最優秀助演男優賞を授与してくれたことへの感謝の言葉を述べた。

全体
名前入りの高崎だるまを手に…(左から)蒼井優、オダギリジョー

 続いて「今回も『FOUJITA』という分かりにくい映画で、芝居も分かりにくいと思うんです。分からない人にとっては棒読みのセリフでなんとなくやっているようにしか見えないと思うんですけど、プロから見ると何をやりたいのかが分かる映画なんですね。それに賞を与えるという高崎映画祭の目利きというか、よく理解出来るなと、改めて思うことです」と語ると、会場から笑いが起こり始めた。

 そこでオダギリは「いや、本当に自分でも自信のある作品ですし、すごい芝居をしているんですよ。でも賞を与えようなんてココだけだし、今後も賞を与えようというところもないかと思います」と自虐発言を連発して笑いを取り、スクリーンの中のみならず生でも観客を魅了した。

 『岸辺の旅』で最優秀助演女優賞を受賞した蒼井優も負けてはいなかった。蒼井は「ワンシーンしか出ていなくて、すごく取れ高がいいなと思いました」とジョークを飛ばしつつ、「日本を代表する女優である深津絵里さんと対峙する役だったので、主演の二人と同じくらいの気持ちで役作りして現場に臨みました。結果、芝居(=劇中)では勝つことになるのですが、実際はボコボコになって帰ってくるくらい深津さんのエネルギーが凄かったことを覚えてます」と撮影を振り返った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 28日
  5. オダギリジョー、最優秀主演男優賞受賞もオダギリ節炸裂「賞を与えようなんてココだけ」 - 第30回高崎映画祭