シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『大統領の陰謀』(1976年)監督:アラン・J・パクラ 出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード 第43回【名画プレイバック】(1/3)

『大統領の陰謀』(1976年)監督:アラン・J・パクラ 出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード 第43回
映画『大統領の陰謀』より - (C)Warner Bros./Photofest/ゲッティ イメージズ

 政府や警察、企業から情報を中心とする発表報道に対して、調査報道とは継続的な独自の取材により情報を積み重ね、事件やテーマに対して核心に迫る種類の報道のスタイルを指す。『スポットライト 世紀のスクープ』は、調査報道によりカトリック教会の闇を暴いた米有力紙の記者たちの活躍を描き、第88回アカデミー賞で作品賞&脚本賞を受賞した。同じく調査報道を描いた秀作として知られるのが、「ウォーターゲート事件」を調査した2名の新聞記者の手記「大統領の陰謀ーニクソンを追いつめた300日」に基づく『大統領の陰謀』(1976)である。(今祥枝)

 共和党のニクソン大統領の政権下、1972年6月17日。ワシントンDCのウォータゲート・オフィス・ビルの5階にある民主党全国委員会本部に、5人の男たちが侵入する事件が発生。米有力紙ワシントン・ポストの社会部の新米記者ボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)は、上司ハリー・ローゼンフェルド(ジャック・ウォーデン)に呼ばれて事件の取材に当たることに。当初、彼らは来たるべき秋の大統領選挙に備えて民主党の弱みを握り、キャンペーンを共和党の有利に導こうとする熱心な支持者の単独犯と考えられていたが、裁判所の予審を傍聴したウッドワードは政府筋の弁護士たちの姿を認めて、単なる刑事事件ではないとにらむ。

 事実、5人は元CIAの情報部員と大統領再選本部の現役の対策員という布陣だった。同じくこの事件に興味を抱いていたベテラン記者カール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)とともに、これがホワイトハウスが発表するような単なる侵入事件ではなく、選挙制度や市民のプライバシー侵害といった、巧妙に水面下で行われているアメリカの“自由”や“正義”の理念を脅かす不正の、氷山の一角であるという疑念を強めていく。編集局長ハワード・シモンズ(マーティン・バルサム)、編集主幹のベン・ブラッドリー(ジェイソン・ロバーズ)らにかけ合い、ウッドワードとバーンスタインはコンビで本腰を入れて調査に乗り出す。

 世にいう「ウォーターゲート事件」とは、1972年6月に民主党本部で起きた侵入盗聴事件に始まり、1974年8月にニクソン大統領が辞任に追い込まれるまでの政治スキャンダルを指す。2年2か月に及ぶ政治の混乱は、現役大統領の任期中の辞任という衝撃的な形で一応の収束をみるが、ニクソン政権をここまで追い詰める大きな要因となったのが、彼らが行った調査報道だ。映画は盗聴侵入事件に始まり、2人が関係者に聞き取りを行い、周辺事情を調査し、必要な資料や証言を集めては、そこから推理を展開。新たな事実を突き止めては裏取りを行い、次のステップへと歩を進めていく。139分のほぼ全編が、この繰り返しだ。実に地道かつ忍耐強い仕事ぶりを丁寧に追いながら、物語はウッドワードとバーンスタインの会話を中心に進んでいく。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 8日
  5. 『大統領の陰謀』(1976年)監督:アラン・J・パクラ 出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード 第43回