シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』デザイナーが明かす製作秘話!「ルーカスとの方が少し楽だった」(1/2)

『スター・ウォーズ』デザイナーが明かす製作秘話!「ルーカスとの方が少し楽だった」
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプロダクション・デザイナー、ダグ・チャン(右写真) - (C)2016 & TM Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプロダクションデザイナーであるダグ・チャンが、同作の製作当時を振り返り、エピソード1~3でジョージ・ルーカスと働いたときの方が「少し楽だった」と本音を語った。

 アカデミー賞受賞アーティストであるダグは、1995年から2002年までの間、ルーカスフィルムの美術部門のトップとして『スター・ウォーズ』のエピソード1から3に携わる。2013年にルーカスフィルムに復帰し本作に携わり、現在は同社の副社長兼エグゼクティヴ・クリエイティヴ・ディレクターも務めている。

 シリーズの生みの親であるルーカスは本作の製作には関わっておらず、ルーカス以外の監督(本作はJ・J・エイブラムス監督)が初めて同シリーズのメガホンを取ったことでも注目を浴びていた。ダグは「僕たちにはジョージと過ごした過去があったから、その経験からなんとか出発点を見つけて話を進めていった。そのとき集まって一緒にテーブルを囲んでいたグループは、この世界で最高のデザイナーたちだった。プロフェッショナルなビジュアルのレベルではなく、映画をサポートできるような、より深くてよりエモーショナルでより知的なレベルのデザインを、みんなで考えていったよ」と切り出す。

 最も難しかったことについては、「たくさんあるよ。『スター・ウォーズ』の製作はあらゆるレベルでチャレンジの連続だった。とてつもなく大きい期待を背負う作品だから」と振り返り、「我々デザイナー自体が『スター・ウォーズ』の大ファンだから、ハードルは非常に高かった。自分も含め、ファンをがっかりさせたくなかったから。いろんな意味で自分のことを喜ばせるのは難しいことだよ。常に疑問がつきまとうから」と当時の胸中を打ち明けた。

 さらに、ルーカスと一緒に仕事をしたときとの違いを語る。「ジョージとの仕事の方が少し楽だった。なぜなら彼が常に最終的な判断を下していたから。彼がフィルターとなり、自分が求めるものをクレイジーなまでに探すことができた。彼が『スター・ウォーズ』に最適なものを見つけてくれることをわかっていたからね」。

 ルーカスが本作に携わらないとなると、「あとは自分たち次第となる。どれだけ限界に挑まなければいけないか、どれだけデザインを推し進めないといけないかを、自分たちで考えさせられた。ただ、ジョージと仕事をしていた時、リスクを冒せば冒すほど、良いデザインが生まれることを学んだ。これは“スター・ウォーズ・ユニバース”だ。だから今回も、素晴らしいレベルの新しい監督とも仕事ができた。彼らのイメージは、観客を触発するような興味深くて素晴らしい『スター・ウォーズ』ユニバースに相応しいものだった」とルーカスから学んだことが受け継がれていることを語る。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 8日
  5. 『スター・ウォーズ』デザイナーが明かす製作秘話!「ルーカスとの方が少し楽だった」