シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

菅田将暉、小松菜奈に素顔を暴露されタジタジ

菅田将暉、小松菜奈に素顔を暴露されタジタジ
登壇した菅田将暉

 俳優の菅田将暉と小松菜奈が21日、都内で行われた映画『ディストラクション・ベイビーズ』完成披露舞台あいさつに出席し、菅田は小松に素顔を暴露されると、“小さなプライド”とたじろいで釈明した。この日は、柳楽優弥、村上虹郎、真利子哲也監督も登壇した。

 本作は、路上でいきなり見知らぬ人間に殴りかかり、ストリートファイトを繰り返す野獣のような若者・泰良(柳楽)と、その異形のオーラとカリスマ性に惹きつけられ、共に凶行に及んでいく“恐るべき子供たち”の姿を描いた、刺激的で挑発的な青春映画。

 衝撃的なシーンが多い中でも、泰良の相棒となり事件を加速させていく菅田演じる裕也と、泰良たちの危険な遊びに巻き込まれる小松ふんする那奈のケンカシーンが印象的だったと語る柳楽。小松は「人生で初めて髪を染めたり、孤独や恐怖を感じながら撮影したりして、今までと違う新しい顔を撮ってもらえた」と喜びつつ、該当シーンについて「(ビンタされる)ふりは難しいと思ったし、気を遣われるのが嫌で、やるならちゃんと殴られたりビンタされたいと思ったので、菅田さんに当ててくださいとお願いした」とか。

 ところが菅田は、その日が初対面の小松に対してまったく遠慮なく、「もちろん当てるつもりだった」とサラリと返答し、「あっ、そういう人か……」と小松を呆然とさせたという。菅田は「それはノリというか、小さなプライドですね」と慌てて釈明すると、ラストシーンで小松に蹴られるシーンを挙げ、「本当に痛かった。人生で一番痛かった。骨がきしんだことある?」とまるで子供のケンカのように小松に言い返し、会場の笑いをさらった。

 「代表作の一つにしたい」という情熱を持って本作に臨んだ柳楽は、「自分が参加していなかったら本当に悔しいという作品になっています」と自信満々。キャスト陣と肩を組んで、「世代交代です!」と堂々宣言し、ファンから大歓声を受ける場面もあった。(取材/錦怜那)

映画『ディストラクション・ベイビーズ』は5月21日よりテアトル新宿ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 菅田将暉、小松菜奈に素顔を暴露されタジタジ