シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

神木隆之介、古舘寛治にイジられまくる「芸能人で一番仲いい」

神木隆之介、古舘寛治にイジられまくる「芸能人で一番仲いい」
本当に仲良し!(左から)古舘寛治、神木隆之介

 俳優の神木隆之介と古舘寛治が23日、角川シネマ新宿で行われた映画『太陽』の初日舞台あいさつに出席、古舘が神木宅で将棋を指していたという仲良しエピソードなどを語り、二人が漫才コンビのような掛け合いで会場を沸かせた。イベントには門脇麦、入江悠監督、前川知大(原作・共同脚本)も登壇した。

 過酷な撮影エピソードのほか、共演者とのほっこりする裏話も語られたこの日のイベント。中でもMCが神木と古舘に将棋のエピソードを尋ねると、古舘は「誰かがTwitterに書いていてびっくりして。こっそりマスクして行って、こっそり帰ったのに」としれっと振り返り、神木は「めっちゃがっつりから揚げとかポテトとか買ったじゃないですか」とあたふた。

 さらに、「(家に)来ていただいて……」と恐縮する神木に古舘は「それも彼が今将棋ものの撮影をしているので、練習にいいカモを見つけたみたいな、それくらいの話しです」とあっさり。神木が「いやいやいや、現場でもずっと一緒にいてご飯食べたじゃないですか」と同意を求めると古舘は「食べてたっけ?」と首をかしげる。めげずに神木が「立ち位置もずっと一緒でしたからね」と一生懸命説明するも、古舘は「あぁ、そうだったね」とさらり。にべもない古舘に神木は「なんでなんだろう、なんで覚えてないんだろう?」と声を震わせて会場の笑いを誘った。

 そんな漫才のようなやり取りの後に古舘が「でも、ほかの作品でも一緒だったり、芸能人の中で一番仲がいい」と話し、神木は「いいかげんだな~」と笑いながら突っ込んでいた。

 本作は、劇団イキウメを率いる劇作家で演出家・前川の舞台劇を映画化した異色ドラマ。バイオテロにより人類が減少し新人類と旧人類に分かれた近未来を舞台に、愛する人と引き裂かれた者のドラマを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『太陽』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 23日
  5. 神木隆之介、古舘寛治にイジられまくる「芸能人で一番仲いい」