シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スパイダーマンめぐる交渉に満足!『シビル・ウォー』が吹き込んだ新しい命

スパイダーマンめぐる交渉に満足!『シビル・ウォー』が吹き込んだ新しい命
マーベルスタジオの副社長でもあるネイト・ムーア

 キャプテン・アメリカとアイアンマンの対決を描く『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4月29日公開)でエグゼクティブプロデューサーを務めたマーベルスタジオの副社長ネイト・ムーアが、本作について語った。

 本作では、アベンジャーズを国連組織の管理下に置く決定をめぐってチームメンバー同士が対立。ブラック・ウィドウやホークアイ、ウィンター・ソルジャー、アントマンなど、『アベンジャーズ』シリーズの続編と言っても過言ではない豪華メンバーに加え、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがシリーズを展開するスパイダーマンも登場。アイアンマンが作ったスーツに身を包み、爽快なアクションを披露する。

002
スパイダーマン登場も話題の『シビル・ウォー』 (C) 2016 Marvel.

 スタジオの枠をこえたスパイダーマンの登場は、ソニーとの長期間にわたる交渉の末に実現。「もちろん、実現できるのか定かではなかった。でもソニーもスパイダーマンに新たな命を吹き込みたいと思っていたから、最終的には、お互いに満足いく話し合いができたよ」というネイトは、「これまでマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)には、スパイダーマンのように、ティーンエージャーで世間から正体を隠している人物がいなかった。これはMCUとって、今後とても重要な要素になると思う」と期待をかける。

 さらに、「今回の戦いにも、アベンジャーズではない外部からの助っ人として加わっているから、感情に左右されない分、ダークなテーマの本作に愉快で楽しい娯楽性を持ち込んでくれているよ。一種のコミックリリーフとしてね」と証言。多くのファンがイメージする “よくしゃべる”スパイダーマンの活躍が楽しめそうだ。

 さらに「この映画では、アベンジャーズ同士の戦いと同時に、旧友であるウィンター・ソルジャーを助けたいというキャップの個人的感情にまつわる物語が展開する。だからこそ『アベンジャーズ』ではなく、『キャプテン・アメリカ』の続編として作ったんだ」と語ったネイト。「前作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が個人対政府の戦いだとしたら、今回は個人対友人の戦いを描くのさ」と語ると、「もちろんスパイダーマンたちだけではなくて、アントマンやホークアイ、ファルコン、ビジョンでさえ軽妙な一面を見せて映画を盛り上げてくれるよ!」と約束した。

 ちなみに原作コミックでは、衝撃的な結末がキャプテン・アメリカを待ち受けているが、ネイトは「映画はコミックの設定を元にしてはいるけど、物語は異なる」と一言。「エンディングも、MCUの今後に大きな影響を与えるものになっているけど、それも原作とは異なっているから楽しみにしてほしいね!」と笑みを浮かべた。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 22日
  5. スパイダーマンめぐる交渉に満足!『シビル・ウォー』が吹き込んだ新しい命