シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『シビル・ウォー』初週興収1億ドル超えでぶっちぎり1位【全米ボックスオフィス考】

『シビル・ウォー』初週興収1億ドル超えでぶっちぎり1位
キャップVS.社長が観られる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が1位に! - (C)2016 Marvel.

 先週末(5月6日~5月8日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が興行収入1億7,913万9,142ドル(約197億530万5,620円)を稼ぎ出し、他作品を大きく引き離して1位に輝いた。同作は2016年公開作品のオープニング成績1位、また歴代の全米オープニング成績5位の記録も打ち立てている。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『シビル・ウォー』はマーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。アイアンマンやブラック・ウィドウ、アントマン、スパイダーマンと人気のマーベルヒーローたちが一堂に会する。オープニング成績に関しては前2作どころか、同じくマーベル作品である『アイアンマン3』をも上回る好スタートとなった。

 今週は『シビル・ウォー』以外に新作でトップ10に入った作品はなし。同作の後には、公開4週目となるディズニーの実写映画『ジャングル・ブック』が2,448万8,436ドル(約26億9,372万7,960円)で2位に、ジェニファー・アニストン出演のコメディー『マザーズ・デイ(原題) / Mother's Day』が1,108万7,076ドル(約12億1,957万8,360円)で3位にランクインし、順調に成績を伸ばしている。だが、394万8,835ドル(約4億3,437万1,850円)で4位となった『スノーホワイト/氷の王国』は苦戦を強いられている模様。公開3週目の累計米興収は4,073万2,455ドル(約44億8,057万50円)と厳しめ。累計米興収1億5,533万2,381ドル(約170億8,656万1,910円)を稼いだ前作の『スノーホワイト』と比較すると、かなり思わしくない状況だ。

 そのほかの注目作品は10週連続でトップ10に入っている『ズートピア』。米累計興収は今週で3億2,816万2,582ドル(約360億9,788万4,020円)となり、現在の全世界累計興収は9億5,816万2,582ドル(約1,053億9,788万4,020円)に。今月もしくは来月には10億ドルの壁を突破できる可能性を秘めている。

 今週末は、ジョディ・フォスターがメガホンを取り、ジョージ・クルーニー&ジュリア・ロバーツの共演で番組占拠事件を描く『マネーモンスター』や、ケヴィン・ベーコン出演のホラー映画『ザ・ダークネス(原題) / The Darkness』などが公開される。(編集部・井本早紀)

5月6日~5月8日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
2(1)『ジャングル・ブック』
3(4)『マザーズ・デイ(原題) / Mother's Day』
4(2)『スノーホワイト/氷の王国』
5(3)『キアヌ(原題) / Keanu』
6(6)『ズートピア』
7(5)『バーバーショップ:ザ・ネクスト・カット(原題) / Barbershop: The Next Cut』
8(8)『ザ・ボス(原題) / The Boss』
9(7)『ラチェット&クランク(原題) / Ratchet & Clank』
10(9)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 『シビル・ウォー』初週興収1億ドル超えでぶっちぎり1位