シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也『インデペンデンス・デイ』続編で主人公に!洋画実写の吹き替え初挑戦

藤原竜也『インデペンデンス・デイ』続編で主人公に!洋画実写の吹き替え初挑戦
実は宇宙やSF好きだという藤原竜也 - (C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

 俳優の藤原竜也がハリウッド大作『インデペンデンス・デイ』の続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で主人公の声を務め、洋画実写作品の吹き替えに初挑戦することが明らかになった。藤原は「誰もが知る超大作の続編ですので、声優として出演させていただくことにプレッシャーは感じています」と吐露しつつも、「自分の声で作品の名を汚してしまうことの無いよう、しっかりと取り組ませてもらいたいと思います」と意気込んだ。

 ウィル・スミスが主演を務めた前作の戦いから20年、地球防衛システムを完備した人類が、はるかに進化した侵略者と再び対峙(たいじ)するさまを描く本作。藤原が演じるのは、今回の主人公で、宇宙からの侵略者たちに立ち向かう勇敢なパイロットであるジェイク・モリソン(リアム・ヘムズワース)。「絶望的窮地に陥っても決してあきらめることのないバイタリティ溢れる主人公をイメージした時、今の日本映画界・演劇界を代表する演技派俳優であり、どんな難役にも果敢に挑む藤原さんこそ、本作の主人公を体現していただけると確信しオファーいたしました」と製作側は起用理由を説明している。

リアム・ヘムズワース
『ハンガー・ゲーム』シリーズのリアム・ヘムズワース演じるジェイク・モリソン

 実は宇宙やSF好きだという藤原は、前作について「ストーリー・映像ともに、とにかくスケールの大きい、超大作という印象を持っています。エイリアン、巨大な宇宙船、エリア51など僕にとって興味深いものが多く、ドキドキしながら観させてもらったことを覚えています」と述懐。「そうしたこともあり、今回、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の声優として、このシリーズの世界に入れることを、とても光栄に思いました」と喜びを語り、「20年の時を経て、更に進化したエイリアンと人類がどの様な決戦を向かえるのか、一ファンとして楽しみにしています」とコメントしている。

 監督は前作と同じくローランド・エメリッヒ、ヒロインは『イット・フォローズ』の新星マイカ・モンロー。ウィル・スミスは出演しないが、ジェフ・ゴールドブラムら前作のキャストも登場する。(編集部・中山雄一朗)

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 25日
  5. 藤原竜也『インデペンデンス・デイ』続編で主人公に!洋画実写の吹き替え初挑戦