シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

濱田岳、裸での激しいラブシーンに緊張

濱田岳、裸での激しいラブシーンに緊張
あの“金ちゃん”が……!

 auのCM「三太郎」シリーズの“金ちゃん”こと金太郎役などで人気の俳優・濱田岳が28日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『ヒメアノ~ル』の初日舞台あいさつに森田剛(V6)、佐津川愛美、ムロツヨシ、吉田恵輔監督と登壇。本作で臨んだラブシーンの緊張を語った。

 同作は古谷実の人気コミックの実写映画化。ビル清掃会社で働く岡田(濱田)と安藤(ムロ)のありふれた日常、そして安藤が思いを寄せるユカ(佐津川)をつけ狙う殺人鬼・森田(森田)の心の闇を描く。

 トークでは劇中で初体験したエピソードを聞かれ、濱田と佐津川はお互いラブシーンについて言及。濱田は「服を着たままはあったけど、裸んぼうになってあそこまで激しくするのは初めてで緊張しました」と振り返り、「待機中はバスローブ一枚で待っていて、周りのサポートしてくれるスタッフさんも緊張していて」と現場の独特の雰囲気を紹介。

 続いて佐津川も「ここまでのラブシーンは初めて」と語りつつ、「セクシーめに映れたらいいなと密かに研究していました」と力を入れていた事を振り返ると、吉田監督が「(佐津川は)男らしいと思っていました。岳くんの方がもじもじしていたね」と暴露。佐津川も「わたしの方がバッっと脱いで、それを岳くんは隠してくれつつ自分も隠すみたいな」と対照的な様子をにこやかに明かした。

 さらに、「はぁはぁ」という息づかいはその場でスタッフもいる中、別撮りだった事も語られ、濱田はアフレコの様子を実演してみせながら「あれ、恥ずかしかったなー」としみじみ振り返っていた。

 一方、映画単独初主演で殺人鬼を演じた森田は心の癒しが撮影現場近くのペットショップだったことを語り、「どんどん重い気持ちになるから、現場の近くのペットショップで癒されていました」と撮影中のひとコマを明かした。(取材・文:中村好伸)

映画『ヒメアノ~ル』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 濱田岳、裸での激しいラブシーンに緊張