シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『第七の封印』(1956年)監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー 第50回【名画プレイバック】(1/2)

『第七の封印』(1956年)監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー 第50回
かの有名な死神とのチェスシーン『第七の封印』より - (C)Janus Films / Photofes / ゲッティイメージズ

 チェスの盤を挟んで向き合う黒装束の死神と十字軍の鎧姿の男。新約聖書のヨハネ黙示録の一節がモチーフとなる『第七の封印』はモノクロの荒涼とした映像でイングマール・ベルイマンが見せる、死を道連れにした異色のロードムービーだ。(文・冨永由紀)

 舞台はペストがヨーロッパに蔓延した中世のスウェーデン。十字軍に参加し、10年も異国で戦ってきた騎士アントニウス(マックス・フォン・シドー)は従者ヨンスを伴い、妻が待つはずの故郷を目指している。すでに心身ともに疲弊し、神の存在すら疑い始めた彼の前に現れるのが死神だ。自分を連れていこうとする死神に対して、アントニウスはチェスの対決を持ちかける。勝負がつくまでは死はお預け、もし自分が勝てば死から解放される。死神はその提案に応じ、彼らは旅の合間に勝負を続けながら、アントニウスの故郷へと向かっていく。

 旅の途中でアントニウスたちは様々な人間と出会う。赤ん坊の息子を連れた旅芸人の夫婦、盗人になりはてた神学者、疫病を流行らせた魔女として吊るし上げられる女性、疫病で家族を失った少女、神の赦しを求めて十字架を背負い、キリスト像を掲げて自らを鞭打って旅する集団、死の舞踏……中世ヨーロッパの絵画にしばしば登場する題材が次々と映像になって現れる。実際、ベルイマンはストックホルム郊外のテービー教会にあるフレスコ画に描かれた騎士と死神のチェス対戦から本作の着想を得たと言われている。

 アントニウスたちは旅芸人の一家と、妻の駆け落ち騒動からよりを戻した鍛冶屋の夫婦、孤児になった少女を連れて旅を続ける。第七の封印とは、ヨハネの黙示録において、神が手にしていた巻物にある最後の封印のこと。子羊が封印を一つ解くごとに地上を禍いが襲い、第七の封印を解くと、天は半時間ほど沈黙に包まれ、7人の天使に七つのラッパが与えられる。このラッパを天使が1人ずつ吹き、第七の天使がラッパを吹くと、最後の審判が始まるのだ。劇中の世界は戦乱、疫病による死の恐怖、魔女狩りと火あぶりの刑といった禍々しいものに満ち、まさに終末を迎えようとしている様相だ。その真っ只中でアントニウスは「神はなぜ沈黙しているのか」と問い続ける。信心深い彼は、人が死んだ後は無になるかもしれないという発想を恐れる。こういう思考は、自らの墓碑に「無」と刻む小津安二郎が生まれた国に暮らす我々のものとは異なる文化だ。

 そんな主をどこか冷ややかに見つめながら従うヨンスのシニカルな表情、妻の目には映らない聖母マリアや死神の姿を見ることのできる旅芸人のヨフ、不穏な世界にいながら、生きる歓びに満ちているヨフの妻子など、人物1人1人を丁寧に描写する群像劇でもある。アントニウスが旅芸人の一家と草上で、野いちごとミルクを食べるシーンがある。ささやかな幸せを満喫する彼らを見たアントニウスは観念的な内面世界から少しだけ解放され、この家族を死から守ることを使命と感じ、彼らと道を分かつ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 17日
  5. 『第七の封印』(1956年)監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー 第50回