シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

門脇麦、きっかけは宮崎あおい&蒼井優!女優めざした頃

門脇麦、きっかけは宮崎あおい&蒼井優!女優めざした頃
女優をめざしたきっかけを語った門脇麦

 女優の門脇麦が17日、早稲田大学戸山キャンパスで行われた映画『二重生活』公開直前試写会に、コラムニストの辛酸なめ子と共に来場し、女優をめざしたきっかけが宮崎あおいや蒼井優の出演作を観たことだったと明かした。

 小池真理子の小説を映画化した本作は、主人公・珠(門脇)が、大学院の修士論文の題材として長谷川博己演じる既婚男性を尾行することを通じて人生を考え、成長していく物語。本作が初監督作となる岸善幸監督の母校ということ、そして同大学の藤本一勇教授が本作の監修を行ったという縁もあり、早稲田大学での試写会が実現した。映画上映後に壇上に立った門脇が「珠と同い年くらいの方に観ていただけることを楽しみにしていました。楽しんでいただけましたか?」と呼びかけると、会場からは大きな拍手がわき起こった。

 尾行がテーマとなっている本作。「撮影とはいえ、のぞいている背徳感がありました」と笑った門脇は、「8割が長谷川さんの背中と一緒でしたけど、(尾行先で起こる出来事が)面白くて、ニヤニヤしちゃいました。(本編ではその顔は)カットされていましたけどね」とコメント。すかさず辛酸が「(尾行すると)えげつない表情が自然と出ちゃうのね」と指摘してみせると、客席は大笑い。

 さらに「男性が主体になると犯罪スレスレになりそうですね。でも尾行をすすめているわけではないですよ」と切り出した門脇は、「この映画をやって特に思ったのは、知っている人の後はつけたくないなと。彼氏の携帯をのぞいたっていい情報なんてあるわけないんですから」と思うところも多かったようだ。

 会場には高校生の姿もあり、「10代のうちに観ておいた方がいい映画は?」という質問も飛び出した。それには「映画も本もそうですけど、どのジャンルもまんべんなく観ておくといいと思いますよ」と言いつつも、「私の個人的な話をすると、高校生の時になんとなくこの仕事をやってみようかなと思ったきっかけが、宮崎あおいさんや蒼井優さんたちが10代くらいだった頃の映画を観たことで。10代の女の子が大人たちと一緒になってそういう映画をつくるってすごいなと。その爆発力がすさまじくて。そこら辺の映画は刺激的だろうなと思います。あとは私の知らない時代の映画にあこがれがあって。相米慎二監督の作品とか、今のうちに観ておくのもいいかなと思います」とアドバイスを送る一幕もあった。(取材・文:壬生智裕)

映画『二重生活』は6月25日より新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 17日
  5. 門脇麦、きっかけは宮崎あおい&蒼井優!女優めざした頃