シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「とと姉ちゃん」鞠子役で注目の相楽樹、舞台あいさつで不審者扱いされる!?

「とと姉ちゃん」鞠子役で注目の相楽樹、舞台あいさつで不審者扱いされる!?
映画『スリリングな日常』初日舞台あいさつには(左から)豊島圭介監督、加藤葵、落合モトキ、相楽樹、山崎大輝、田中広子、頃安祐良監督が来場した

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の鞠子役で注目を集める女優の相楽樹が25日、渋谷のユーロスペースで行われた映画『スリリングな日常』初日舞台あいさつに来場、不審者と誤解されるような紹介のされ方をしてしまい、思わず笑ってしまう一幕があった。

 本作は、都会の生活に潜むスリリングな出来事を、オムニバス形式で描く4話構成のミステリー。この日は『Qちゃん』から山崎大輝、加藤葵、頃安祐良監督が、『不審者』から相楽と田中広子が、『忘れられる人』から落合モトキが、そして『あさのはなし』から豊島圭介監督がそれぞれ来場した。

 本作はオムニバス映画であるため、この日の司会をつとめた田中は「『忘れられる人』・落合モトキさんです!」といった具合に、「作品名・登壇者」といったスタイルで登壇者を紹介していったが、くしくも相楽を紹介する際には「『不審者』・相楽樹さんです!」という表現になってしまい、会場からは思わず笑い声が。それを受けた相楽はクスクス笑いながらも「わたしは不審者じゃありません」と否定。それに対して田中は「『不審者』に出演する相楽樹さんとお呼びすれば良かったですね。失礼しました」と反省した様子を見せていた。

 そんな田中は、『不審者』の劇中で、相楽ふんする奈々美と恋人関係にある主婦・歩を演じているが、それを踏まえ、「わたしは『とと姉ちゃん』を観るたびにムラムラとした感情で樹ちゃんを拝見しています。(本作とは)また違った目線で」とコメント。それに対して「そうですね」と返した相良は、「『とと姉ちゃん』の鞠子とは全然(タイプが)違います。タトゥーも入っていますし、そこも注目してください」と付け加えてみせた。

 また、『Qちゃん』に主演するのは、韓国のアイドルグループBlock BのU-KWON。この日の会場には彼のファンが多数来場しており、そのファンに向けて共演者の山崎が「主演のU-KWONさんは本当に日本語が上手だった」と明かすと、会場からは大きな拍手が。その様子を見た山崎は「なんだか俺がうれしいです。和気あいあいとした感じで撮影が続きましたね」と笑顔。さらに頃安監督が「この作品の内容的にはブラックなユーモアがあって、僕の中ではコメディーなので。笑っていいのかなという雰囲気で、変な話になったかなと思うので、楽しみにしてください」と見どころを付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『スリリングな日常』は渋谷のユーロスペースほかにて全国順次公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 26日
  5. 「とと姉ちゃん」鞠子役で注目の相楽樹、舞台あいさつで不審者扱いされる!?