シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AV界の巨匠の著書を映画化!つながれない女たちを描くオムニバスが11月公開!

AV界の巨匠の著書を映画化!つながれない女たちを描くオムニバスが11月公開!
恋愛できない女たちの物語はどこへ向かう? 『愛∞コンタクト』ポスタービジュアル - (c)2015 OSD syndicate

 AV界の巨匠 “ヨヨチュウ”こと代々木忠監督の著書「つながる / セックスが愛に変わるために」を原作に、新鋭の女性監督たちがメガホンを取ったオムニバス映画『愛∞コンタクト』の公開日が11月5日に決定、誰ともつながれない女性たちの感情を表現した、官能的なポスタービジュアルが公開された。

 原作は、代々木監督が撮影現場で出会った男女たちを通して、どうしたら人は心から目合い(まぐわい)つながれるのかをつづった作品。映画では書籍内のエピソードを基にした、恋愛できない=つながれない女たちの悲喜劇が展開。母親のいいなりに生きてきた女子大生の抑圧された無意識を描く『感電』、恋人の心をつなぎとめるため風俗の世界に飛び込むOLを描く『おはよう、マコちゃん』、プライドの高さからどうしても「愛してる」の台詞が言えない美人女優を描く『LOVE REVOLUTIONS』の3本と、幕間映像で構成される。

 女優・中原翔子が、早川ナオミ名義で初プロデュースを手掛け、若手女性監督の渡辺あいと深井朝子が、それぞれ『感電』と『おはよう、マコちゃん』を監督。渡辺が監督を、深井が脚本を担当する形で『LOVE REVOLUTIONS』を共同制作した。また、3作全ての監督助手を務めた淺雄望が幕間映像を演出している。

 7月7日に第1子を出産した加藤夏希や寺島進、諏訪太朗らベテラン俳優をはじめ、元アイドリング!!!メンバーの長谷川るみ、「仮面ライダーゴースト」のアデル役で話題を呼ぶ真山明大らが出演。旬の若手からベテランがそろったキャスティングにも注目だ。

 ポスタービジュアルでは、横たわる女性の身体から溢れ出した“つながりたい”という思いが、バラバラだった登場人物たちをつないでゆく様を表現。原作者の代々木監督は本作について、「女性を念頭に置いてつづった『つながる』が、女性プロデューサーの早川ナオミ(中原翔子)に受けとめられ、3人の女性監督によって映像化されたという事実が、僕にとってはなによりの驚きであり、このうえなく嬉しいことなのである。また多くの人たちに、この映画が“つながっていく”ことを心から祈っている」と喜びを語っている。(編集部・入倉功一)

映画『愛∞コンタクト』は11月5日よりユーロスペースほか全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 8月
  4. 8日
  5. AV界の巨匠の著書を映画化!つながれない女たちを描くオムニバスが11月公開!