シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

実在した日本初のスパイ学校を描く市川雷蔵の異色戦争映画『陸軍中野学校』(1966年)【名画プレイバック】(1/3)

実在した日本初のスパイ学校を描く市川雷蔵の異色戦争映画『陸軍中野学校』(1966年)
「陸軍中野学校」DVD発売中(税抜き価格:2,800円)発売・販売 KADOKAWA - (C) KADOKAWA 1966

 「戦争」を扱った映画は数多あるが、『陸軍中野学校』(1966)は異色中の異色作だ。舞台は実在した日本初のスパイ学校。主演は大映のスターだった市川雷蔵。後にシリーズ化され4本の続編が作られたが、とりわけ増村保造が監督した一作目は“静かなる狂気”が充溢した神話のごとき一篇の悲劇である。(村山章)

 日中戦争の引き金となった盧溝橋事件の翌年にあたる1938年(昭和13年)、日本陸軍は「防諜研究所」を新設した。2年後に「陸軍中野学校」と改称される諜報員の養成学校である。

 陸軍内でも極秘扱いされたこと、出身者が「栄利を求めず黙して語らない」を旨としていたことなどから終戦後も全貌が知られることはなかったが、畠山清行が1965年から週刊サンケイ誌上で「秘密戦士 陸軍中野学校」という連載を始めたことで注目が高まり、同連載をもとに大映が映画化に乗り出した。

 ちなみに日活は1964年に『間諜中野学校 国籍のない男たち』、東映は1968年に『陸軍諜報33』という中野学校出身のスパイが活躍する映画を製作している。『陸軍中野学校』が他と違っていたのは、中野学校の一期生が卒業するまでの一年間に焦点を絞ったことで、一種の青春映画として観ることもできる。

 主人公の三好次郎少尉(市川雷蔵)は、草薙中佐と名乗る謎めいた男(加東大介)の面接を受け、スパイ養成機関の第一期生に選ばれる。「椎名次郎」と名を変え、家族や恋人との接触を断ち、18人の同期生とともに暗号解読から変装までさまざまなスパイ技術を叩き込まれることになる。

 あえてモノクロで撮影された重いトーンが支配する本作において、この学科シーンは息抜きのようにユーモラスだ。刑務所から金庫破りの達人を招いたり、ダンスホールで社交ダンスを実践したり。性技で女性を悦ばせることすら授業の一貫なのだから恐れ入る。

 驚いたことに劇中の学科は実際に中野学校で行われた授業をもとにしている。劇中には登場しないが、日本のスパイと言えば忍者だからと忍術の講師まで呼んだという。しかし決してふざけているのではない。日本では先例のないスパイ教育を確立しようと学校側も生徒側も大真面目なのである。

 先例のない教育方針は思想や精神面にも及んだ。世界各地に散って活動するには合理的かつ柔軟でなくてはならないと、ゴリゴリの職業軍人が集まる士官学校生ではなく社会人経験のある予備士官学校から招集した。太平洋戦争へと向かっていく息苦しい時代だったが、天皇制の是非について議論することも許されていたという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 8月
  4. 12日
  5. 実在した日本初のスパイ学校を描く市川雷蔵の異色戦争映画『陸軍中野学校』(1966年)