シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

両さんは永遠に生き続ける…「こち亀」連載終了発表で編集部

両さんは永遠に生き続ける…「こち亀」連載終了発表で編集部
ジャンプでの連載を終了する「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 - (C)秋本 治・アトリエびーだま/集英社

 17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号をもって連載が終了する人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」について、編集部が、読者への感謝とともに「今後も週刊連載・少年ジャンプの枠を越えて、永遠に『両さん』というキャラクターは生き続けます」と発表した。

 1976年の連載開始から1度の休載もなく読者の支持を集めてきた「こち亀」。40年の連載が幕を閉じることを受け、編集部では「今後は週刊連載・少年ジャンプの垣根を飛び出します。詳細は同42号にて発表いたします」としている。

 さらに「編集部としても、まだまだ『こち亀』を読みたい気持ちは、読者の皆様と同じですが、先生が元気一杯に新たなチャレンジをしていきたいというご意見に敬意を表し、今回の発表とさせていただきました」と説明。そのうえで「『両さん』というキャラクターは、ジャンプの、そして日本の宝です」とつづった。

002
奉納された絵巻

 連載終了は、3日に東京・神田明神で行われた「完全描きおろし絵巻」の奉納式で発表された。この絵巻は、著者である秋本治が、神田明神遷座400年と「こち亀」40周年を記念して全17枚のイラストを描きおろし、全長8メートル以上の絵巻を製作。作中にも度々登場する神田明神に「神宝」として永年奉納された。絵巻の正式名称は、「秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載四十周年 江戸総鎮守神田明神 遷座四百周年 記念奉納絵巻」。

 奉納式には秋本のほか、集英社代表取締役社長の堀内丸恵、「週刊少年ジャンプ」編集長の瓶子吉久氏をはじめ約150人もの関係者が参加。この日、連載終了について語った秋本は「漫画というジャンルの絵巻が神田明神に奉納されて後世にずっと残るというのは、漫画家としても大変嬉しく思います」と奉納の喜びを語った。

 絵巻は9月11日までのおよそ1週間、神田明神の祭祀殿で展示されるほか、9月14日から9月26日まで、日本橋高島屋で開催される「こち亀展」でも出張展示される。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 両さんは永遠に生き続ける…「こち亀」連載終了発表で編集部