シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「名探偵コナン」アニメ第1話、青山剛昌監修で完全新作化!2時間SP放送で新事実も…

「名探偵コナン」アニメ第1話、青山剛昌監修で完全新作化!2時間SP放送で新事実も…
20年経っても色あせない伝説の第1話! - (C) 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2016

 テレビアニメ「名探偵コナン」の2時間スペシャルアニメ「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」が今冬、放送される。1996年1月8日の放送開始から20周年を迎えたことで今年はさまざまな特別イベントが実施されてきたが、その最後を飾るものとして、原作者・青山剛昌による全面監修の下、第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作としてよみがえらせる。

 このスペシャルアニメが描くのは、「コナン」の根幹、高校生探偵の工藤新一が江戸川コナンになってしまったエピソードだ。1996年に1話として放送された「ジェットコースター殺人事件」は、新一と幼馴染みの毛利蘭が遊園地トロピカルランドでデート中に事件に巻き込まれるというストーリー。新一はそこで発生した殺人事件のトリックを暴き事件を解決するが、怪しい雰囲気漂う黒ずくめの男の後をつけ、闇の取り引き現場を目撃してしまう。取り引きを見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づくもう一人の男に気づかず、殴られた末に組織が新開発した毒薬アポトキシン4869を飲まされ、目覚めると子供の姿になっていたという展開だ。

 スペシャルでは、当時の放送では描き切れなかったそれぞれのキャラクターたちの行動や気持ちなどのディテールを肉付け。あの日、あの時、それぞれの場所で本当は何があったのか、衝撃的で全く新しい物語へと生まれ変わる。黒ずくめの組織に従い、薬を開発するシェリー(灰原哀)らも新たに登場するほか、コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、コナンが家に転がり込む前の毛利小五郎らもしっかりと描かれ、新一と蘭が運命のトロピカルランドでデートする事になった理由など、謎に包まれていた部分も明らかになる。さらに、その後の800話以上の物語に繋がる伏線も随所に張り巡らされるという。

 読売テレビの諏訪道彦プロデューサーは、「コナン」の歴史の中で、さまざまな事実が提示され、新しいファンには理解できない部分も多く生まれてきたことに言及。今回のスペシャルでは、第1話に至るまでの新一と蘭の関係、黒ずくめの組織の動きなど、20年前に見せられなかった部分を含め視聴者に届けたいという製作意図を明かすと、「特に後に灰原哀となる黒ずくめの組織の一員・シェリーの研究する薬の秘密や、その組織が狙う本当の目的など、期せずして名探偵コナンストーリーの核心となっていくことになる、まだ誰も知る由もない事実は、見る人の興味を強く引き付けることになるでしょう」とファンであれば期待せずにいられないコメントを残した。

 監督・絵コンテ・演出はテレビシリーズに初期から携わっている山本泰一郎が担当。脚本は山本と柏原寛司、音楽は大野克夫が務める。2016年は「コナン」の放送20周年、そして劇場版も20作目が公開となったアニバーサリーイヤー。4月に公開された映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は63億円を超えるシリーズ歴代最高の興行収入を記録するなど、その勢いは止まらない。(編集部・小山美咲)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 9月
  4. 14日
  5. 「名探偵コナン」アニメ第1話、青山剛昌監修で完全新作化!2時間SP放送で新事実も…