シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

誕生日会に余興として雇われたドクター・ストレンジ、生意気な子供を消す

誕生日会に余興として雇われたドクター・ストレンジ、生意気な子供を消す
生意気なマーカスを消したことをチクられそうになっているドクター・ストレンジ - Randy Holmes / Getty Images

 子供の誕生日会に余興として雇われたマーベルヒーロー、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の姿を描いたコミカルな映像が公開された。妙なシチュエーションに置かれてしまったドクター・ストレンジにカンバーバッチが成り切るさまは必見だ。

 これは現地時間21日に米ABC局のトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」で放送されたもの。ドクター・ストレンジは人智を超えた魔術の力を手にしたヒーローで、司会のジミー・キンメルがそんな彼を子供の誕生日会のマジシャンとして雇ったという設定だ。

 映像は、ドクター・ストレンジがジミーから「今3時30分だぞ。3時に来てなくちゃいけないのに。30分ぶんのギャラは払わないからな」といきなり文句をつけられるところから始まる。大騒ぎする子供たちと対面して「こいつらは憑りつかれているのか? 成敗する」と魔術を繰り出そうとするも、ジミーから「ちょっと! 成敗なんかしちゃだめだ。マジックするだけでいいんだよ。うさぎとか出してよ」と止められてしまう。

 そもそもの話に食い違いがあったことに気付いたジミーは「来てくれてありがとう。代わりにこの150ドル(約1万5,000円・1ドル100円計算)でスポンジ・ボブでも雇うことにするよ」と彼を帰そうとするも、その金額に目の色を変えたドクター・ストレンジは子供たちにバルーンアートを披露することに。「だっせえ」と批判した生意気な子供マーカスは顔色一つ変えずに異世界へと送り、そのことをジミーに告げ口しようとする女の子に対しては「マーカスと一緒におうちに帰りたいか? 黙っとけ」と脅す……というストーリーになっている。

 『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日より日本公開。ドクター・ストレンジはその後、『アベンジャーズ』シリーズ第3弾『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー(原題) / Avengers: Infinity War』(2018年5月4日全米公開)にも登場することが決まっている。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 22日
  5. 誕生日会に余興として雇われたドクター・ストレンジ、生意気な子供を消す