シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドクター・ストレンジ

公式サイト:http://Marvel-japan.jp/Dr-str
ドクター・ストレンジ
(C) 2016MARVEL
英題:
DOCTOR STRANGE
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年1月27日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
製作会社:
マーベル・スタジオ
カラー

見どころ:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたヒーローアクション。事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医の姿を描き出す。『スポットライト 世紀のスクープ』などのレイチェル・マクアダムス、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンらが共演。たとえ敵であろうとも他者を傷つけることのできない外科医の行く末に注目。

あらすじ:ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

ドクター・ストレンジ
(C) 2016MARVEL

映画短評

  • 相馬 学
    “歪み”に妙味が宿る怒涛のスペクタクル
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アイマックスで観たが、これは確かに迫力がある。都会の街並みが変形し、重力が変化する、そんな『インセプション』ばりの“歪み”のスペクタクルに圧倒され、2時間弱を一気に楽しんでしまった。

     ドラマ的には欠陥人間がヒーローになる、マーベルのお約束を踏襲しており、ある意味安心して見ることができる。“失敗しない”高飛車ドクターが失敗を繰り返して、次元を超えるまでの物語。もちろん、次が楽しみになる。

     面白いのはヒロインを除き主要キャストが非ハリウッド俳優で構成されていること。ユーモアに洗練をみてとれるのは、英国人俳優が主体だからだろうか。そこに他のマーベル作品とは異なる“歪み”の面白さを感じた。

  • なかざわひでゆき
    これは絶対に3Dの大画面で見るべし
    ★★★★
    »読む«閉じる

     己を過信した不遜な西洋医学の天才ドクターが、対極的な東洋思想に触れることで謙虚と献身を学び、修行を経て神秘の魔法を操る魔術師へと生まれ変わる。’60年代のニューエイジ・ムーブメントが生み出した異色のマーベル・ヒーローは、西欧近代文明が危機に瀕した21世紀の今こそ相応しいキャラクターとも思える。
     確かにストーリーは荒唐無稽かもしれないが、冒頭から『インセプション』を遥かに進化させた圧倒的な映像の魔術で、一気に観客を映画の世界へ引き込むパワーはなかなかのもの。ベネディクト・カンバーバッチをはじめとする役者陣の際立つ個性と演技も、ただの絵空事ではない説得力を持たせる。是非とも3Dの大画面で!

  • 清水 節
    マーベルの新機軸は、オリエンタルでサイケデリックな魔法大戦!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     先端科学よりも魔法。フィジカルよりもメンタル。マーベルの新機軸は、ニューエイジ的価値観を上位概念に置く<魔法大戦>だ。都市空間を自在に捻じ曲げた『インセプション』のその先にあるCGIの魔力と、IMAX3D画面を縦横無尽に活かしきるサイケデリックな視覚効果は新鮮。主人公の修行プロセスにはもっと時間を割くべきだが。キャスティングが巧い。傲慢な医者から一転、オリエンタルな衣装を纏っても様になるカンバーバッチはもとより、作務衣風衣装の闇の魔術師マッツ・ミケルセン、スキンヘッドの導師ティルダ・スウィントンのキャラ立ちは抜群で、壮大な嘘に説得力を与える。内戦というモチーフに、分断された大国の今を思う。

  • 山縣みどり
    拡張し続けるマーベル・ユニバースに地球は飲み込まれるかも
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ハリウッドを席巻するマーベル映画に食傷気味だったけど、これは謎のオリエンタル風味が効いてる上にヴィジュアルが素晴らしいので前のめりで見てしまった。ミラー次元となるNYやドラえもんもビックリのどこでもドアには大人の夢も詰まっている! 楽しい! エキセントリックな天才を演じさせたら現在トップのカンバーバッチはじめ、ティルダやマッツといった演技派のノリノリ感が愉快だ。イジョホーがシリアスすぎなのが気になるが、シリーズ続行の布石だからね。善をなすには小悪も必要という柔軟な考え方に対し、ヒステリックに善を追求する側がアホに見える図式もいいね。人生にはグレーゾーンが必要だもん。

  • くれい響
    そうです、私が“変なお医者さん”です。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭、『インセプション』進化形な映像マジックで一気につかんだと思えば、カンフー映画ばりの訓練シーンもアリ。かと思えば、マッツやマクアダムスらとのコントのような絡みで笑いを取る、ベネディクト・カンバーバッチの“変なお医者さん”。シャーロック、アラン・チューリング系統な偏屈キャラというハマリっぷりだけに、マーベルヒーロー映画であると同時に、“スター映画”としてもしっかり成立している。監督は、オカルト要素入ったサスペンスで腕を上げたスコット・デリクソン。『フッテージ』『NY心霊捜査官』など小品の要素も感じさせながら、ポスト『アイアンマン』になるべき大作を撮れることも実証した。

  • 平沢 薫
    知覚の扉がクルクル回る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     高速ビルが立ち並ぶ街が、グニャリと折れ曲がる。立っている場所の天地左右が、一瞬ごとに素早く変化し続ける。3D化して回転するエッシャーの絵の中に放り込まれたような、地軸が変化し続ける世界を体感できる。また、主人公が自分の意識を視覚化した空間に入った時の、少々悪夢の気配がする極彩色のフラクタルな光景も珍味。60年代サイケデリックの匂いはスコット・デリクソン監督の趣味だろう。まさにドクター・ストレンジの魔術にかけられたようなこの映像体験は、IMAXの大画面だとさらに効果倍増だ。

     もう一つ注目なのは、主人公が最終的な敵に立ち向かうときの戦法。東洋の魔術を修行した者ならではの発想に唸らされる。

予告編・動画

ベネディクト・カンバーバッチ主演!映画『ドクター・ストレンジ』予告編
カンバーバッチ主演マーベル映画『ドクター・ストレンジ』特報
見たことがない多次元バトル!『ドクター・ストレンジ』特別映像
『ドクター・ストレンジ』がアベンジャーズを診断?特別映像

» 『ドクター・ストレンジ』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ドクター・ストレンジ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドクター・ストレンジ』ポスター
    ポスター

キャスト

ドクター・ストレンジ:
クリスティーン・パーマー:
カエシリウス:
エンシェント・ワン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドクター・ストレンジ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:ドクター・ストレンジ Dr. Strange  「インセプション」的、あるいは「インターステラーのクライマックス」的な魔術・万華鏡ワールド!、は一見の価値あり。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年4月11日 23時57分)
    カンバーバッチが天才だが傲慢な医者、という役柄に期待していたら意外に評判が分裂。 このため公開時、パスしていた。 だが観てみて、その判断は誤りだったなと! まずオープニング。 正義と悪のせめぎ合いが直ちに提示され、あっという間にバトル化。 そこで登場する映像にすでに魅了される。 ロンドン金融街のビル街で、重力の場が異変し、上下左右が入れ替わる。 だけでなく、ビル自体の構造が罠のように次々と変体、とな! 凄え!!! 例えていうと「インセプション」的、あるいは. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映像スペクタクルだけでも観る価値あり【映画レビュー】『ドクター・ストレンジ』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年2月21日 12時33分)
    誰もいないはずの古びた書物の並ぶ静かな書庫で、何かの気配を感じたような気がして様子をうかがう管理人。 そこへいきなり現れた一団によって、管理人は身を守る暇も無く魔術のような不思議な力で宙吊りにされ、首を切り落とすという無残なやり方で殺されてしまうのでした。 一団を指揮しているらしき男は、書庫にある一冊の本を手にして、その中から2枚のページを破り取りますが、その場に現れた謎のフードの装束の人物。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ドクター・ストレンジ」 from 元・副会長のCinema Days (2017年2月18日 6時28分)
    (原題:DOCTOR STRANGE)豪華なキャスティングがまるで機能していない。大味な凡作だ。マーベル・コミック系列の映画は出来不出来が激しいが(というより、どちらかというと不出来の方が多い ^^;)、本作は俳優陣のクォリティの高さゆえ、内容のお粗末さが余計に強調さ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ドクター・ストレンジ』の感想 映画館で3Dで見るべき映画です! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2017年2月17日 23時0分)
    全てを失い、彼は目覚めた。今回ご紹介する映画:『ドクター・ストレンジ』原題:『DOCTOR STRANGE』製作:2016年アメリカ上映時間:1時間55分オススメ度:★★★★★(五つ星!)予 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ドクター・ストレンジ・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年2月8日 23時25分)
    “手術”で救う、“魔術”でも救う。 いやコレは面白い!? 事故で両手の自由を失った外科医スティーヴン・ストレンジが、わらをも掴む想いで、魔術の世界に足を踏み入れる。 そこで、この世界を狙う異次元“ダークディメンション”の力に魅せられた、闇の魔術師たちと戦うことになるのである。 ?まるでハリポタとジェダイが合体したような世界観で、闇の力を使うとダークサイドに堕ちるあたりもそれっぽい... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『ドクター・ストレンジ』