シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

「ドラえもん」のび太の声26年!知られざる初回収録、吹き替えで“恋”も…小原乃梨子が明かす声優事情【声優伝説】(1/2)

「ドラえもん」のび太の声26年!知られざる初回収録、吹き替えで“恋”も…小原乃梨子が明かす声優事情
あのキャラもあの女優も!さまざまな声を演じてきた小原乃梨子さん

 女性の声優を代表するベテラン、小原乃梨子さん。アニメでは「ドラえもん」ののび太や「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンジョなど、有名キャラクターを演じる一方、洋画ではフランスのマリリン・モンローと呼ばれたブリジット・バルドーやオスカー女優シャーリー・マクレーンなどの吹き替えを務めてきた。そんな小原さんが生放送での吹き替えエピソードやちょっぴり意外な裏話を語る。(取材・文:岩崎郁子)

■人が足りない!収録現場は大混乱

 戦後、児童劇団を振り出しに芸能界入りした小原さん。人形劇やドラマなどで活躍したのち、洋画や海外ドラマの吹き替えの仕事が始まった。当時、ほぼ全員が演技経験者ではあったが、テレビという新しいメディアで吹き替え自体も草創期。現場の混乱は相当のものだったという。生放送の緊張で腹痛を起こしてスタジオから出て行ってしまう人がいたり、吹き替えのタイミングが合わなかったりということも珍しくなかった。人数も足りておらず、「殴る役と殴られる役を同じ人が吹き替えたり、映像と声のタイミングが段々ずれていって、私の役が話すシーンなのに映像では男の人の声が出ていたり……」と小原さんは述懐する。

■日本とアメリカの文化の違いにビックリ

 吹き替えた海外ドラマなどから影響を受けることも多かった。「日本で見たこともないもの、例えばガレージのリモコンをパチってやるとドアが開くとか、冷凍庫やこんな大きな掃除機があるんだとか、日本と50年差があると言われていたアメリカの文化を自分が享受している感じがしました」。そんな小原さんは結婚、出産を経て、本格的に声優業に進出。洋画ではブリジットやシャーリー、ジェーン・フォンダなどの吹き替えを務め、人気が定着した。同世代の女優たち、「ちょうどみんな恋愛したり、結婚したり、子どもを生んだり、別れたり……私は別れなかったけど、同時代を生きてきた」と思い入れは深い。

■吹き替えを通じて二度の“恋”

 吹き替えを通じて“恋”をしたことが二度あったという。お相手は『ライアンの娘』ランドルフ・ドリアン(クリストファー・ジョーンズ)役の津嘉山正種さんと、『私生活』ファビオ(マルチェロ・マストロヤンニ)役の矢島正明さん。もちろん役柄に対してだが、小原さんは「すごく優しくて。津嘉山さんのときは顔も見られない。終わるといつもご飯を食べに行くんだけど、『今日はいいです』って(笑)。両方とも思い出深い作品です」と振り返る。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 1月
  4. 28日
  5. 「ドラえもん」のび太の声26年!知られざる初回収録、吹き替えで“恋”も…小原乃梨子が明かす声優事情