シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界

公式サイト:http://www.gingernoasa.net
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
(C) BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
英題:
GINGER & ROSA
製作年:
2012年
製作国:
イギリス/デンマーク/カナダ/クロアチア
日本公開:
2013年8月31日
上映時間:
配給:
プレイタイム
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD、ドルビーSR

チェック:『耳に残るは君の歌声』などで知られるサリー・ポッター監督による青春ドラマ。冷戦下の1960年代ロンドンを舞台に、思春期の少女が激変する社会の中で成長していく姿を描く。いつも一緒に行動していたが成長するにつれ互いの関係に変化が生じていく幼なじみ同士を、『SUPER 8/スーパーエイト』のエル・ファニングと、ジェーン・カンピオン監督の娘アリス・イングラートが好演。共演には『ココ・アヴァン・シャネル』のアレッサンドロ・ニヴォラら実力派がそろう。

ストーリー:冷戦下の1960年代ロンドン、ジンジャー(エル・ファニング)とローザ(アリス・イングラート)は何をするのも一緒の幼なじみ。思春期を迎えた二人は学校をさぼって宗教や政治、ファッションについて議論し、反核運動に興味を示すなど青春を過ごしていた。しかし、ローザがジンジャーの父親に恋心を抱いたことや反核運動への意見の相違から、二人の友情に溝が広がっていく。

ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
(C) BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012

動画

映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界」 TSUTAYAだけシリーズ from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年4月27日 0時8分)
    『耳に残るは君の歌声』などで知られるサリー・ポッター監督による青春ドラマ[E:s ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界 (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年2月6日 3時33分)
    約50年前、世界が核戦争の危機にあったころ、17歳の少女ジンジャーにショッキングなできごとが次々に襲いかかる。主演のエル・ファニングは映画公開時14歳ごろ。この年代の3歳の差はかなり大きいと思うが年上の役を堂々と演じている。  エル・ファニングは「フィービー・イン・ワンダーランド(2008)」や「くるみ割り人形(2010) 」でも主演しているけれど、この映画ではもう子役ではない。DVDで観... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「映画【ジンジャーの朝/さよなら、わたしが愛した世界】を観た / その時、世界終末時計の針は零時一分前を指した」 from NEW WAY.NEW LIFE (2014年1月22日 21時49分)
    Pictures & Photos from Ginger & Rosa (2012) - IMDb via kwout映画【ジンジャーの朝/さよなら、わたしが愛した世界】をレンタルして観てたので、感想を少し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界」:見事なエル・ファニング from 大江戸時夫の東京温度 (2013年9月1日 23時31分)
    映画『ジンジャーの朝』は、サリー・ポッター監督による90分の小品。'60年代ロン ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月26日の週の公開作品
  3. 『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』