シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

マップ・トゥ・ザ・スターズ

公式サイト:http://mapstothestars.jp/
マップ・トゥ・ザ・スターズ
(C) 2014 Starmaps Productions Inc. / Integral Film GmbH
英題:
MAP TO THE STARS
製作年:
2014年
製作国:
カナダ/アメリカ/ドイツ/フランス
日本公開:
2014年12月20日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
カラー

チェック:『ヒストリー・オブ・バイオレンス』などで知られる鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が、ハリウッドセレブの実態をシニカルに描いた人間ドラマ。ハリウッドでリムジン運転手をしていた脚本家ブルース・ワグナーが実際に体験した話を基に、富も名声も得た完璧なセレブ一家が抱える秘密を暴き出す。本作の演技で第67回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したジュリアン・ムーアをはじめ、ミア・ワシコウスカ、ジョン・キューザック、ロバート・パティンソンら豪華キャストの競演も見どころ。

ストーリー:セレブを相手にしているセラピストの父ワイス(ジョン・キューザック)、ステージママの母クリスティーナ(オリヴィア・ウィリアムズ)、人気子役の息子ベンジー(エヴァン・バード)から成るワイス家は、誰もがうらやむ典型的なハリウッドのセレブ一家。しかし、ワイスの患者で落ち目の女優ハバナ(ジュリアン・ムーア)が、ある問題を起こして施設に入所していたワイス家の長女アガサ(ミア・ワシコウスカ)を個人秘書として雇ったことで、一家が秘密にしてきたことが白日の下にさらされ……。

マップ・トゥ・ザ・スターズ
(C) 2014 Starmaps Productions Inc. / Integral Film GmbH

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    意外にも初のハリウッド・ロケ作だが…(笑)。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    J.ムーアとM.ワシコウスカ。現代きってのクセ者監督御用達女優を揃えただけで想像がつくように、マトモな社会通念・倫理観を持った人物がひとりとして出てこないという意味では充分にぶっ壊れたクローネンバーグ映画。ゆえに展開も根本的に狂っているが(いろんな意味で)、近年では最もエンタメ性が高く、と同時に異端の実験ホラーともいうべき初期作のテイストにも近い。とりわけムーアはこの演技でカンヌの主演女優賞獲得かと思うとオソロしさを増すね。ご本人登場のC.フィッシャーにとどまらずセレブの実名やトリヴィアをバンバン出しつつ、ハリウッド・バビロンの昔から連綿と続く映画の都の裏面を露悪的に描いた地獄の人間喜劇だ。

  • 相馬 学
    シリアス過剰でグロテスク、そこがイイ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     先ごろ発表されたゴールデングローブ賞のノミネートでオッ!?と思ったのは、本作が<コメディ/ミュージカル部門>にカテゴライズされていること。鬼才デビッド・クローネンバーグの新作が賞レースでこのように受け止められた事実は、ある意味痛快だ。

     セレブの内幕を暴くこと自体、目新しくはないが、クローネンバーグが描くとキャラクターのえげつなさはグロテスクにきらめく。それはもはや見上げるスターではなく、こうはなりたくない見本。その毒気にこそコメディ・センスが宿る。

     豪華キャストの中でも、女優賞の対象となったジュリアン・ムーアの怪演は圧巻。この人が出てくるだけで次第にニヤつきが大きくなる。

  • なかざわひでゆき
    クローネンバーグ流のハリウッド残酷物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     欲望渦巻くハリウッドの裏側と有名人一家のドロドロとした愛憎劇を通じ、現代セレブ文化の病巣に切り込んだクローネンバーグ最新作。同監督にしてはやけに通俗的では…?と感じる向きもあるかもしれないが、しかし時に悪意すら漂うシニカルな目線、モヤモヤとした生理的な居心地の悪さは、紛れもないクローネンバーグ印。下世話という意味において、「シーバース」や「ラビッド」の頃の感触に近いかもしれない。
     特筆すべきは、情緒不安定な落ち目の映画女優を演じるジュリアン・ムーア。全裸のヘア丸出しでレズるわ、トイレでパンツ下げてオナラをブーブーかますわ、そりゃもう恐れ入るばかりの体当たり演技で他を圧倒する。

  • 平沢 薫
    やっぱりハリウッドはバビロンじゃないと、ね
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ハリウッドの黄金時代が遥かに遠くなった今でも、私たち観客は無意識のうちに、スクリーン上の世界が輝かしいほど、その裏には薄暗くいかがわしい秘密があってほしいと願っている。クローネンバーグ監督は、本作でその密かな願望を暴いてみせる。本作の現代ハリウッドは、表面は清潔で明るくラッピングされているが、その裏にはケネス・アンガーの実録本「ハリウッド・バビロン」の1920~60年代のハリウッドと同じ、母娘の確執、近親相姦、怪しい医療等々が蔓延している。だからこそ、スクリーンの上にも外にも、魅惑的なゴーストたちが出現する。そしてエンドロールでは、あまたの"星"たちが夢のようにぼんやりと輝くのだ。

  • 山縣みどり
    ハリウッドだからありでしょ、なソープ・オペラ的人生模様
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ハリウッド風刺劇とセレブ家族のカオスから浮かび上がる恐ろしい秘密が面白くないわけがない! 老いを恐れるビッチ女優や生意気な子役とステージママ、嘘っぽさ満点の自己啓発グルとクリシェなキャラが繰り広げるドラマはエキセントリックかつクレイジーで、まさに昼メロの世界だ。特にすごいのが秘密を異様な形で再現しようとするヒロイン、アガサ。クローネンバ―グ監督のオリジナル脚本だったら、彼女の心の闇に焦点を当てたはず。地味な外見と腹に一物秘めていそうなまなざしのギャップが怖いミア・ワシコウスカの独特な存在感が効いている。それにしてもツイッターで知り合っただけの女性を信用するキャリー・フィッシャーはダメだな。

動画

とあるハリウッドセレブ一家の秘密とは……!映画『マップ・トゥ・ザ・スターズ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『マップ・トゥ・ザ・スターズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『マップ・トゥ・ザ・スターズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『マップ・トゥ・ザ・スターズ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』の映画ニュース

  • シリーズ最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』で6年ぶりにアリスを演じたミア・ワシコウスカが来日した際に、これまでのキャリアを振り返りつつ、今後一緒に仕...セント・ガーデン』(パク・チャヌク)、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(デヴィッド・クローネンバーグ)、『ク...
  • 昨年の東京国際映画祭で東京グランプリを受賞した映画『神様なんかくそくらえ』を手掛けたジョシュア&ベニー・サフディ監督がメガホンを取る新作『グッド・タイム(原題) ...ライト』シリーズ後に、『コズモポリス』『マップ・トゥ・ザ・スターズ』などに出演している。彼らがどんな作品を...
  • 助演女優賞、主演女優賞合わせて5度目のノミネートとなった映画『アリスのままで』で、初のアカデミー賞主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。女優人生の絶頂期にある彼...った。 2014年には落ち目の女優を演じた『マップ・トゥ・ザ・スターズ』で第67回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞す...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マップ・トゥ・ザ・スターズ from 映画のメモ帳+α (2015年10月6日 0時4分)
    マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014 カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス) 原題   MAPS TO THE STARS 監督   デヴィッド・クローネンバーグ 脚本   ブルース・ワグナー 撮影   ピーター・サシツキー 音楽   ハワード・ショア 出演   ジュリアン・ムーア ミア・ワシコウスカ オリヴィア・ウィリアムズ       サラ・ガドン エヴァン・バード ジョン・キューザック       ロバート・パティンソン ジャスティン・ケリー ニーアム・ウィルソン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マップ・トゥ・ザ・スターズ」 from ここなつ映画レビュー (2015年3月5日 12時59分)
    ヘビーでポップなクローネンバーグの狂想曲。ぐったりとするけど、映画的な快感は確かにある。いや、狂想曲というか、原罪と贖罪に血の源流を重ね合わせた中世ヨーロッパの寓話にも似ている。ハリウッド版のゴシック・ホラー。だがしかし、アガサの贖罪とは何だったのだろう?あれだけ繰り返されて出てきた贖罪の意味は?彼女の帰郷の当初の目的は?(結果については判ったけれど。)単純に言ってしまえば「過去に犯した罪を謝りたい」なのだろうけれど、そんな単純な話であるはずもない。と、思った瞬間にこの作品は私にとって腑に落ちないものとなっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • マップ・トゥ・ザ・スターズ from 映画三昧、活字中毒 (2015年2月15日 9時0分)
    ■ UPLINKにて鑑賞マップ・トゥ・ザ・スターズ/MAPS TO THE STARS 2014年/カナダ、アメリカ、ドイツ、フランス/112分 監督: デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ/オリヴィア・ウィリアムズ/サラ・ガドン/エヴァン・バード 公式サイト 公開: 2014年12月20日 人気に陰りが出てきている女優ハヴァナ・セグランド... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 マップ・トゥ・ザ・スターズ from 別冊 社内報 (2015年1月19日 20時49分)
    クローネンバーグの新作。 ホントは週末にゆっくり観る予定だったのが、会長問題で土日つぶれるので、レイトショーで観てしまいます。 それだけしてでも、観るべき作品。さすがのクローネンバーグ。 ■ 札幌劇場にて 裸のランチ [DVD]角川映画 クラッシュ 《ヘア解禁ニューマスター版》 [DVD]日活 スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする [DVD]ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント イースタン・プロミス [DVD]Happinet(SB)(D)http://syachou.ex ...[外部サイトの続きを読む]
  • マップ・トゥ・ザ・スターズ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年1月6日 20時26分)
    地上の星より永遠の星 公式サイト。カナダ=アメリカ=ドイツ=フランス。原題:Maps to the Stars。ルース・ワグナー原案・脚本、デヴィッド・クローネンバーグ監督。一応、ワグナーの ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月15日の週の公開作品
  3. 『マップ・トゥ・ザ・スターズ』