シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
陽だまりの彼女
(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年10月12日
上映時間:
配給:
アスミック・エース / 東宝
カラー

チェック:「金曜のバカ」「ボーナス・トラック」などの越谷オサムのベストセラー小説を実写化したラブストーリー。パッとしなかった幼なじみと再会した青年が、魅力的な女性になった彼女と恋に落ちたのを機に、切なくて温かな奇跡の物語が動き出していく。メガホンを取るのは、『僕等がいた』シリーズの新鋭・三木孝浩。『花より男子』シリーズの松本潤と『のだめカンタービレ』シリーズの上野樹里が、主人公のカップルを快演する。舞台となる湘南の魅力を余すところなく捉えたロケ映像も見ものだ。

ストーリー:取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒(上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつかないほど魅力的な女性になったことに驚く浩介。再会に運命めいたもの感じた二人は惹(ひ)かれ合うようになり、結婚を決意するまでに。だが、真緒は誰にも知られてはならない、とんでもない秘密を持っていて……。

映画短評

  • 清水 節
    純愛劇はサプライズを経て、儚く普遍的なファンタジーへと変わる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     所詮セカイ系だろ、と高を括ってはいけない。先入観を捨てて臨む価値がある。感傷的なハイキーの映像と、クローズアップによる視線の豊かな交錯と、懐かしきザ・ビーチ・ボーイズの音楽によって、純度の高き想いを掻き立てるラブロマンスは、サプライズを経て、はかない幻想譚へと変わる。
     
     松本潤が、いつになく柔らかい。感性演技を封印した上野樹里は、眼差しでたおやかさと陰りを表わす。中学時代に扮する北村匠海と葵わかなの好演も光り、感情に連続性を与える。終盤の展開をありえないと否定するのは野暮だ。三木孝浩演出は、日常から非日常へゆるやかに移行させ、彼女の秘密を信じさせる。「人が人を恋うるとき人は誰でもさびしんぼう」という大林映画の言葉が脳裏をよぎり、多様な解釈が拡がる。
     
     暖かな陽光に包まれた男女の時間は限られ、それゆえ永遠を希求する。これは、価値観を共有しながらも喪失を覚える『(500)日のサマー』であり、時間差よりも切ない『時をかける少女』であり、そして何より大人びた『崖の上のポニョ』ともいえる、普遍的なファンタジーの名篇である。

  • 森 直人
    シネコン時代のJ・ヒューズ、大林、C・クロウ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ソラニン』『僕等がいた(前篇・後篇)』に続き第三作目となる三木孝浩監督は、早くも独自のポジションを築きつつある。それはティーンムービーの範疇に属する甘酸っぱい青春映画の専門職人だ。興行的には全作スマッシュヒットを飛ばしながら、批評側の評価が追いついていないのは、本ジャンルのキモがチープな「お菓子感」にあるからだろう。でも三木監督にはこの路線を貫いて欲しい。彼には、ジョン・ヒューズと大林宣彦から映画を始めました、みたいな筋金入りの趣味性を感じるからだ。

    今作において筆者が惹かれる点は、名盤『ペット・サウンズ』の冒頭を飾るビーチ・ボーイズの名曲「素敵じゃないか」からのインスパイアード・ストーリーになっていること。“駄目な僕”のどん底に突入したブライアン・ウィルソンによる究極の妄想ラブソング。このポップ・ミュージックを介したロマンティシズムはキャメロン・クロウ的と言える。

    ラブ・ファンタジーの表現的主題が「儚い恋の時間をいかに永遠化するか」だとすれば、陳腐さギリギリの綱渡りに巧く成功していると思う。三木監督の次回作は能年玲奈主演の『ホットロード』らしい。今から楽しみだ。

  • なかざわひでゆき
    彼女の“秘密”を受け入れられるかが分かれ目
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     これはもう、後半に明かされるヒロインの“秘密”を受け入れられるかどうかに、全てが懸かっているのではなかろうか。

     少なくとも、前半は中高生向けの甘酸っぱい青春ドラマとして秀逸。高校時代を描くフラッシュバックの淡いノスタルジーが、出来すぎとはいえ胸キュンするに十分だ。現代パートにしても、社会人の生活ってこんなんだろうな~という少年少女の妄想的ノリこそ否めないが、それはそれで作品全体の世界観を形成していく上で許容範囲だと思える。

     が、しかし!ヒロインが実は“あれ”だったということが明かされた途端、本来のファンタジーという目的は逆に生々しいリアリティに変わってしまった。なにしろ、彼女が“あれ”なのにも関わらず、たとえ男の側はその事実を知らないにしても、キスして結婚して、なおかつ直接的な描写はないけどベッドインまでしているわけだ。

     ここで素直に気色悪いとしか思えなかった私は、もしかするとこの作品を楽しむには歳を取りすぎているのかもしれない。いや、もしこれがアニメだったら納得はせずとも、余計なことは考えずに済んだのかも。いずれにせよ、人によって好き嫌いはかなり分かれるはずだ。

  • くれい響
    じつは『時かけ』リスペクトなファンタジー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     単にオチだけ聞けば、M・ナイト・シャマラン監督作のようなトンデモ映画にしか見えないだろう。だが、アイドル映画の定番『時をかける少女』『ねらわれた学園』と同じジュブナイルもしくはラノベ原作と考えれば、このオチにしっくりいくはずだ。
     明らかに作り手が原田知世版『時かけ』をリスペクトしていることもあり、『セカチュー』以降の“泣ける映画=難病モノ”と考えがちな世代に比べると、大林宣彦監督のファンタジー慣れしたアラフォー世代に響く作りになっている。だが、それもスカスカだった『ソラニン』からは想像できない三木孝弘の映画監督としての手腕なしにはありえなかっただろう。

     そして、なんだかんだ言ってもヒロインを演じる上野樹里がいい。「のだめ」以来のハマり役といえるし、彼女の中学時代を演じるドルオタ注目の「乙女新党」メンバー、葵わかなもいい。江の島のロケーションも、尾道よろしく聖地巡礼したくなるほどいい(もちろん、頼りなさげな松潤も)。
     ただ、原作にも登場するビーチボーイズの「素敵じゃないか」があまりにいいので、山下達郎の主題歌が邪魔にも思える。これも『謝罪の王様』に続き、オトナの事情なのか…。

動画

映画『陽だまりの彼女』WEB版予告編

スタッフ

監督:
原作: 越谷オサム

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『陽だまりの彼女』の映画ニュース

  • 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』などで知られる矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』が来年公開されることが明らかになった。...などで注目を浴びる泉澤祐希、娘には映画『陽だまりの彼女』『くちびるに歌を』の葵わかな。“イケて...
  • 主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」で高視聴率を叩き出した松本潤(嵐)と、平成29年度前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに抜てきされたばかりの有村架純が、恋...た。 これまで「花より男子」シリーズや『陽だまりの彼女』などの恋愛映画で見せてきたまっすぐな役...
  • 松本潤(嵐)と上野樹里が初共演した映画『陽だまりの彼女』(2013)が、5月6日(21時~22時54分)に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送されることが明らかにな...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『陽だまりの彼女』を見た【映画】松本潤、上野樹里共演、ファンタジーラブロマンス from カフェビショップ (2014年6月9日 20時18分)
    恐るべしキャットマジック。 人の記憶や時間はもちろん時空をも歪めてしまう。 なかなかよかったですね。 人魚姫の別バージョンって感じで。 しっかし、上野樹里は こういう不思議ちゃん系の役がよくハマりますねえ。 変なんだけど、その変さを普通に感じさせるレベ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「陽だまりの彼女」 from 映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビュー (2013年12月21日 11時44分)
    ☆「陽だまりの彼女」ストーリー 広告代理店の新人営業マンの浩介は奥手で内気な青年。彼女も出来ない冴えない毎日を送る浩介は、取引先で中学時代の同級生・真緒と10年ぶりに再会する。転校生だった真緒は昔はイジメられっ子だったが、今では、仕事ができる美しく魅力的な女性に成長していた。浩介と真緒は互いに初恋だった当時の記憶が蘇り、再び恋に落ちる。やがて結婚を決意して一緒に暮らし始めるが、真緒... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 大林映画の子供たち~細田守、高橋栄樹、そして三木孝浩「陽だまりの彼女」 from エンターテイメント日誌 (2013年11月27日 23時3分)
    アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督(1967年生まれ)は大 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 陽だまりの彼女 from ダイターンクラッシュ!! (2013年11月1日 23時38分)
    2013年10月31日(木) 13:50~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 ジャニ規制につき、中学時代の二人。素晴らしいキャスティング 『陽だまりの彼女』公式サイト フリーパスポート3本目。 小説の記事に沢山トラックバックいただきありがとう。 「君に届け」も平然と一人で観に行ける俺としては、本作も余裕で単独鑑賞。しかし、土日でなく平日という卑怯者。 「虹の女神」は良かったのだが、それ以降何か苦手になった上野樹里。当然、「のだめ」なんぞも観ていなかっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 892「陽だまりの彼女」。 from わたしの(わたしの東京の日常と)映画日記。 (2013年10月26日 21時46分)
    三木孝浩監督作品が好きなので 観に行って来ました。三木孝浩監督作品。 素敵なねこ映画でした。わたしの好きな 塩見三省さんと 田中要次さんが出演されているのも嬉しかったです。食べられた ブライアン・ウィルソン...。(笑) . ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年10月7日の週の公開作品
  3. 『陽だまりの彼女』