シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
SHORT PEACE
(C) SHORT PEACE COMMITTEE (C) KATSUHIRO OTOMO / MASH・ROOM / SHORT PEACE COMMITTEE
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年7月20日
上映時間:
配給:
松竹
カラー

チェック:『AKIRA』や『FREEDOM』の大友克洋を中心に、4人の気鋭のアニメーション作家が競作したオムニバス。江戸を舞台に、悲恋の情念から巻き起こる大火事を圧巻の映像で描く『火要鎮』のほか、『九十九』『GAMBO』『武器よさらば』の4編が日本をテーマに紡がれている。スタッフには、『アニマトリックス』の森本晃司や『スマグラー おまえの未来を運べ』の石井克人なども名を連ねる。それぞれのが手掛けた独創的なビジュアルとストーリーを堪能できる。

ストーリー:18世紀の江戸。お若は幼なじみの松吉への思いが募り、情念から大火事を引き起こしてしまう(『火要鎮』)。18世紀。小さなほこらで古道具のモノノケに出会った男は、その道具を修理することに(『九十九』)。戦国時代の東北。空から現れた鬼に似た化け物と神秘的な白熊が激突する(『GAMBO』)。近未来、砂漠の廃虚となった東京。戦車型無人兵器と戦っていた小隊はピンチを迎え……(『武器よさらば』)。

SHORT PEACE
(C) SHORT PEACE COMMITTEE (C) KATSUHIRO OTOMO / MASH・ROOM / SHORT PEACE COMMITTEE

映画短評

  • 清水 節
    フェティシズムの極致。最大の収穫はカトキハジメの廃墟バトル
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     森本晃司による夢幻的OPで幕を開け、森田修平『九十九』×大友克洋『火要鎮』×安藤裕章『GAMBO』×カトキハジメ『武器よさらば』で構成されたオムニバス・アニメ。4作品に通底するのは、この国の刹那の平和=安息の形だろう。『MEMORIES』(95)の熱量と毒には欠けるが、物語よりも動きよりも、モノへの偏愛に満ちている。着物、火、妖怪、メカなど素材の質感にこだわるフェティシズムこそ、日本のアニメの真骨頂という企図から、“海外映画祭向け”というキーワードはちらつく。

     絵巻物という横スクロールの古典フォーマットで昭和初期の時代劇映画を再現し、禍々しい災の大スペクタクルを組み合わせた『火要鎮』は、日本的カルチャーをアニメ上で融合させ、様式化することに成功した野心的な実験作である。

     収穫は『武器よさらば』だった。複数のキャメラ・アイによって恐る恐る進入する廃墟の近未来東京。無人戦車と傭兵の戦いを通し、ヴァーチャルに戦争を体感させる技に冴えを見せる。この演出で長編が観てみたい。

     ジブリの「震災と零戦」の陰で、静かに同時公開された「大火と戦車」を見逃してはならない。

  • なかざわひでゆき
    オムニバスとしてのバランスに欠けるのが惜しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本が世界に誇る漫画家でアニメ監督でもある大友克洋の陣頭指揮のもと、彼を含む4人のクリエイターによる短編アニメで構成されたオムニバス映画。テーマはズバリ“日本”だ。モノノケの世界に迷い込んだ男の不思議な体験を描く森田修平の「九十九」、恋する女の情念が江戸の町を炎で包む大友克洋の「火要鎮」、幼い少女に心を動かされたシロクマが寒村を荒らす巨大な赤鬼と対峙する石井克人の「GAMBO」、そして廃墟と化した近未来の東京で無人兵器と戦う一団を描いたカトキハジメの「武器よさらば」。それぞれに独創的な作品が集まったのはいいのだが、その作風やテーマを含めて「武器よさらば」だけが全体から浮いてしまったような印象は否めない。日本古来の伝統美を豊かなイマジネーションと丁寧な筆致で描き出した他の3篇に比べ、SFバトルアクションに属するこの最終章はちょっと異質すぎたように思える。とりあえず、絵巻物に命を吹き込んだかのような「火要鎮」の江戸情緒あふれる様式美は絶品。

動画

映画『SHORT PEACE』予告編映像
映画『SHORT PEACE』予告編映像

ポスター/チラシ

  • 映画『SHORT PEACE』ポスター
    ポスター
  • 映画『SHORT PEACE』ポスター
    ポスター
  • 映画『SHORT PEACE』チラシ
    チラシ
  • 映画『SHORT PEACE』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『SHORT PEACE』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 石井克人
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『SHORT PEACE』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「SHORT PEACE」 from 元・副会長のCinema Days (2013年8月10日 8時37分)
    4話オムニバスのアニメーション映画だが、第四話の「武器よさらば」が飛び抜けて面白い。大友克洋の同名短編をカトキハジメが映画化したもので、廃墟と化した近未来の東京を舞台に、五人からなる特殊部隊と暴走した自走式戦車とのバトルを描く。  この戦車は東京を壊... ...[外部サイトの続きを読む]
  • SHORT PEACE・・・・・評価額1550円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2013年8月8日 22時52分)
    迷宮の“JAPAN”に遊ぶ。 五人の監督による、オムニバスアニメーション映画である。 幻想の世界への扉を開くのは、「アニマトリックス」の森本晃司監督によるオープニングアニメーション。 以下、大友克洋... ...[外部サイトの続きを読む]
  • SHORT PEACE from ダイターンクラッシュ!! (2013年8月4日 17時48分)
    2013年8月1日(木) 22:50~ チネ1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 絵は丁寧で綺麗なのだが 『SHORT PEACE』公式サイト 大友克洋中心のオムニバス・アニメ。 絵は丁寧で綺麗なのだが、それぞれのストーリーがいまいち。 「オープニング」 タイトルロール。タイトルロールなので、ストーリーは無い。 「九十九」 山道の祠で、壊れた傘や着物を修理。付喪神に感謝される。 「火要鎮」 八百屋お七。 「GAMBO」 鬼と白熊の戦い。 「武器よさらば」 唯一の近 ...[外部サイトの続きを読む]
  • SHORT PEACE from sailor's tale (2013年7月25日 20時52分)
    『世界が注目するトップクリエイターたちの”奇跡の饗宴”』このコピーは嘘じゃないのだと思う。オムニバス4本。どれもそのグラフィックは作家性が高く、内容も面白くて見 ...[外部サイトの続きを読む]
  • SHORT PEACE ★★★★★ from パピとママ映画のblog (2013年7月25日 15時47分)
    AKIRA』や『FREEDOM』の大友克洋を中心に、4人の気鋭のアニメーション作家が競作したオムニバス。江戸を舞台に、悲恋の情念から巻き起こる大火事を圧巻の映像で描く『火要鎮』のほか、『九十九』『GAMBO』『武器よさらば』の4編が日本をテーマに紡がれている。 スタッフに... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年7月15日の週の公開作品
  3. 『SHORT PEACE』