シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ヒメアノ~ル
(C) 2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年5月28日
(TOHOシネマズ 新宿ほか)
上映時間:
製作・配給:
日活
製作:
ハピネット / ジェイ・ストーム
制作プロダクション:
ジャンゴフィルム
カラー

チェック:過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇を描く。監督は、『さんかく』『銀の匙 Silver Spoon』などの吉田恵輔。清掃員の青年に『ポテチ』『偉大なる、しゅららぼん』などの濱田岳、森田ふんする快楽殺人犯にストーキングされるヒロインを『ガキ☆ロック』などの佐津川愛美が演じる。

ストーリー:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会。ユカから森田につけ狙われ、ストーキングに悩まされていると相談された岡田は、森田がかつていじめられていたことを思い出し、不安になるが……。

ヒメアノ~ル
(C) 2016「ヒメアノ~ル」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    吉田恵輔監督が師匠に寄ってきた
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いたずらに人間の狂気を描いた作品ではない。
    到底、主人公・森田の暴力は肯定出来ない。
    だがしかし、彼をここまで非・人間的にさせた理由には非常に説得力がある。
    いじめ問題。傍観者も加害者であると言われる。
    同級生・岡田が、まさに。
    だが、久々に再会した岡田の無邪気さが、
    一層森田を傷つけていく。
    加害者と被害者の温度差。
    きっと岡田には、永遠に森田の哀しみは分かるまい。
    吉田恵輔監督は、そうしたイジメ問題の本質を的確に捉えて演出している。
    これまで師匠である塚本晋也監督の作風とあえて異なる作品に挑んできたが、やはり似た性質を持っているようだ。
    その新境地を大歓迎。

  • ミルクマン斉藤
    日本映画史上最凶のストーカー映画かも。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    吉田恵輔の映画は常に、その軽妙な見せかけのすぐ裏に狂気が潜んでいるが、これはその部分が異様なまでに膨れ上がった怪作。舞台ではそのタブーなき演技力が高く評価されている森田剛だが、よくぞここまで…な狂気っぷりで並み居るサイコ・マニアックの中でも最も怖い部類。情け容赦ない描写は古谷実の原作以上、セックスと殺人を並列モンタージュしたり、レイプしようとした相手が生理中だったりするド下品さに凍りつく(笑)。でも佐津川愛美の体温の感じられるエロさは監督のロリ嗜好にどんぴしゃと思われるし、もはやトレードマークとも思えるまっぷたつに割った構成の、音響・音楽の使いわけも練り上げられているのだ。

  • なかざわひでゆき
    日常と隣り合わせの暴力を象徴的に描く衝撃作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     えらく挑戦的な映画だ。前半はちょっとシュールな青春コメディ、後半は凄まじくバイオレントなサイコサスペンス。中盤からジャンルそのものをガラリと変えることで、いつもの生活空間が悪夢の世界へと変わる瞬間をリアルに捉える。
     一見すると普通の若者だが中身は完全に壊れたサイコパスの森田。あえてその深層心理など掘り下げず、何をしでかすか分からない、何を考えているのか分からない怪物に仕立てた引き算の演出も秀逸だ。森田剛の抑制の効いた演技が、得体の知れない怖さを引き立たせる。
     不快指数MAXな残酷描写は賛否あるかもしれないが、しかし我々の日常と隣り合わせの暴力をこれほど象徴的に描いた作品もなかなかない。

  • 森 直人
    吉田恵輔、もはや横綱相撲!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    人気漫画の映画化という分野では『アイ アム ア ヒーロー』がひとつの画期となった感があるが、達成度では本作も全然負けていない。驚かされるのは古谷実の特濃な原作を、吉田恵輔監督が完全に「俺の映画」としてプレイしきっていることだ。

    内容は吉田の初期中篇『なま夏』の変奏とも捉えられる。あの作品に横溢していたストーカー中年の「笑い」と「恐怖」の表裏一体を、今回はジャンルごと転調する構成を取った。原作を独自に対象化する視点が抜群で、特にセクシュアルな側面は中盤(というか後半の序盤)に用意されたカットバックなどで鮮烈に再構築。森田剛はじめ役者陣のレベルもすべて高く、「傑作で当たり前」な監督の余裕の一本!

  • くれい響
    言うまでもなく、2016年ベストワン!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『フロム・ダスク・ティル・ドーン』好きだけに、これまで『机のなかみ』『さんかく』など、前半パートと後半パートでテイストを変えた作品を放った吉田恵輔監督。今回、本編中盤にクレジットタイトルを挟むあたり、その本気度はガチ。撮り方も、色味も、芝居もまったく異なる仕掛けだ。その“共犯者”が森田剛であり、前半で影を潜めていた狂気が一気に爆発! 彼演じる快楽殺人鬼に対し、監督は「共感できないものは共感できない」と、一定の距離感をとり続けるが、優しさと憐れみに溢れたラストを用意するサプライズは涙腺を直撃。監督をゆうばりファンタで初めて評価したトビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』オマージュも泣かせます。

動画

V6森田剛主演『ヒメアノ~ル』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.5.28-29

スタッフ

原作: 古谷実
音楽: 野村卓史
監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: 田中正 / 永田芳弘
企画: 石田雄治
プロデューサー: 有重陽一 / 小松重之
ラインプロデューサー: 深津智男
撮影: 志田貴之
照明: 中西克之
美術・装飾: 龍田哲児
録音: 小黒健太郎
整音: 石貝洋
編集: 鈴木真一
音響効果: 勝亦さくら
音楽プロデューサー: 和田亨
アソシエイトプロデューサー: 小出健
衣装: 加藤友美
ヘアメイク: 加藤由紀
スクリプター: 増子さおり
キャスティング: 南谷夢
助監督: 綾部真弥
製作担当: 竹上俊一

キャスト

森田正一:
ユカ:
安藤:
岡田:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【ヒメアノ~ル】森田剛が怖すぎる・・目を背けたくなる恐怖映画! from 元ボクサーの一念発起 (2016年11月8日 20時0分)
    森田剛が怖すぎる日本映画史に残る最凶の殺人鬼現る・・ 日常に潜む狂気を鮮烈な描写でつづり、話題を呼んだ「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実による同名コミックをV6の森田剛を主演に迎えて映画化したサスペンス・ホラーです。 いそっそう612 どうも、いごっそう612です!怖い・・マジで怖い映画です。 【作品情報】 原題:ヒメアノ~ル邦画:サスペンス・ホラー製作年:2016年製作国:日本日本公開:2016年5月28日レンタル開始:2016年11月2日上映時間:99分R15+公式サイト あらすじ 普通の生&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ヒメアノ~ル』 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年6月24日 3時4分)
    監督: 吉田恵輔 キャスト: 森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒメアノ~ル from 映画三昧、活字中毒 (2016年6月22日 3時12分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ヒメアノ~ル 2015年/日本/99分 監督: 吉田恵輔 出演: 森田剛/濱田岳/佐津川愛美/ムロツヨシ 公式サイト 公開: 2016年05月28日 清掃会社でアルバイトをしている岡田進は、やりたいこともなく、恋人もなく、毎日何となく過ごしていることに危機感を抱いていた。ある日、社員の安藤勇次が思いを寄せる相手、阿部ユカが働く喫茶店に2人で... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヒメアノ~ル」 from ここなつ映画レビュー (2016年6月21日 15時21分)
    ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田岳とムロツヨシの力量に負う所が大きいと思うが。いかにも邦画的な。一風変わった間合いを醸し出す。だから、笑うべき所ではちゃんと笑えたし、嫌悪を感じる部分ではそこそこに嫌悪を感じたりもできた。だがしかし、中盤、いやもう後半に差し掛かった頃、ラストに向かう怒涛の盛り上がりの前の、最後の静けさが覆い被さるシーンで、作品タイトルと主な出演者のテロップが ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヒメアノ~ル」 from 元・副会長のCinema Days (2016年6月11日 6時21分)
    ラブコメとサイコホラーの“二本立て”という、その構成が面白い。もっとも、後半のサイコホラーの部分はあまり上等な出来ではないが、ラブコメとの対比の妙によってあまり気にならなくなってくる。こういう作り方はまさにアイデア賞ものだ。  将来に不安を抱きつつも... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月23日の週の公開作品
  3. 『ヒメアノ~ル』