シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

クリーピー 偽りの隣人

公式サイト:http://creepy.asmik-ace.co.jp
クリーピー 偽りの隣人
(C) 2016「クリーピー」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年6月18日
上映時間:
製作・配給:
松竹 / アスミック・エース
製作:
木下グループ / 光文社 / 朝日新聞社 / KDDI
制作プロダクション:
松竹撮影所
カラー

チェック:『アカルイミライ』などの黒沢清監督がメガホンを取り、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を映画化。隣人に抱いた疑念をきっかけに、とある夫婦の平穏な日常が悪夢になっていく恐怖を描く。黒沢監督とは『LOFT ロフト』に続いて4度目のタッグとなる西島秀俊が主演を務め、彼の妻を竹内結子が好演。そのほか川口春奈、東出昌大、香川照之ら豪華キャストが集結している。

ストーリー:刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。

クリーピー 偽りの隣人
(C) 2016「クリーピー」製作委員会

映画短評

  • 相馬 学
    “早く楽になれ!”と言うような香川も、家もコワい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『CURE』以来の黒沢清の怖いスリラー。いや、これは本当にコワい。

     恐怖の核は香川照之の隣人キャラ。イヤなヤツと思ったら、次に会ったときは殊勝で、その次にはまたイヤなヤツになり、最終的には極悪人の顔をあらわにする。で、主人公は翻弄され、苦しむのだが、こんなイヤな思いをするくらいなら、いっそ香川サイドに付いた方が楽かも……と錯覚させるのは、優れた恐怖映画の証しだ。

     もう一点、感心したのは香川家のビジュアル。散らかった玄関先と薄暗い廊下、『悪魔のいけにえ』的な鉄の扉。『呪怨』の幽霊屋敷にも似ているが、なまじっか生活感がある分リアルで、絶対にここには入りたくないと思ってしまう。

  • くれい響
    トニー・レオン&アンディ・ラウでリメイク希望!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『残穢』に続き、竹内結子が懲りずに“事故物件”に巻き込まれる! つか、香川照之演じる隣人の存在が明らかに事故ってるわけで、『黒い家』の大竹しのぶ超え。しかも、『ソロモンの偽証』以来、「待ってました!」な藤野涼子との父娘関係に「?」「!」が止まらない。その不穏な空気がジワジワ全キャラに浸透し、最初はあまりにデカ過ぎる鍋やセットにツッコミを入れてた観客までもクリーピー(気色悪っ)状態に…。つまり、原作はあくまでも下敷きで、『CURE』以上に黒沢清監督しか描けないトリップ感。西島秀俊の病み(闇)演技も絶好調だけに、「ダブルフェイス」のレスとして、トニー・レオン&アンディ・ラウでリメイクしてほしい!

  • なかざわひでゆき
    神経の休まる隙など一切与えない重量級の恐怖は圧巻です!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     元刑事の犯罪心理学者が挑む未解決の一家失踪事件捜査と、隣に住む不気味で奇妙な家族。この2つの謎が実は密接に繋がっていた…と分かった瞬間から、想像を絶するような狂気が主人公に襲いかかる。
     最初から最後まで不穏な空気と緊張感の連続。観客に神経の休まる隙など一切与えないばかりか、これでもかと容赦なく奈落の底へと突き落としていくのだから、見終わったあとの疲労感たるや!
     犯人の動機や深層心理にあえて踏み込まず、ひたすら得体の知れないブラックホールのようなサイコパスとして描いている点も見事。そんな怪物の作り上げた悪夢の世界こそが、あの家の狂ったような内部構造だ。全編に渡って重量級の恐怖に圧倒される。

  • 森 直人
    フリーキー&ストレンジ! クセが凄すぎる大傑作!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    引っ越した時点でアウトです、という類の恐怖映画は珍しくない。だが本作は前川裕の原作を容赦なく踏み台にして、黒沢清がやりたい放題だ。高度は『CURE』を遥か超え、世界記録だが異常すぎて不認定になったようなハイパージャンプ。本当に巧くて怖い香川照之(マジ最高)が初登場時から電波ビリビリ放ち、それに対抗するのが、全く情緒の欠如した男(西島秀俊)という……まさに現代の二大病理対決だ!

    演出は踊り狂ってるかのごとくノリノリ。アクセルを踏み込むほど全体の時空が歪んでいく。その加速にターボを掛けるのが『貞子vs伽椰子』も手掛ける安宅紀史の想像力のリミッターを解除した美術。一体どこなんだ、“あの部屋”は!!

  • 平沢 薫
    ああ、そういうものってあるかもしれない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ああ、そういうことってあるよね、と思わせる、身近な距離感からスタートする導入部が上手い。その小さなエピソードが続くだけなら嫌な話になってしまうところを、出来事の振り幅がどんどん大きくなって、エンターテインメント作品ならではの展開をするので、距離を持って楽しむことができる。
     そのうえでこのストーリーが巧みなのは、精神的な問題点を抱えているのが、映画のタイトルとなっている隣人だけではないこと。主人公やその周囲の人々も、ごく軽度で微妙なものだが、精神的な問題点を抱えていないわけではない。彼らが抱えるものが、ああ、そういうものってあるかもしれない、と思わせる。本当の怖さはそこにある。

動画

『クリーピー 偽りの隣人』予告編
黒沢清監督×西島秀俊主演スリラー『クリーピー』特報
今月の5つ星2016年6月
今週のHOT MOVIES 2016.6.17-19

ポスター/チラシ

  • 映画『クリーピー 偽りの隣人』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:
原作: 前川裕
脚本: 池田千尋
製作総指揮: 大角正
エグゼクティブプロデューサー: 黒田康太
プロデューサー: 深澤宏 / 住田節子 / 赤城聡 / 石田聡子
音楽: 羽深由理
撮影: 芦澤明子
美術: 安宅紀史
照明: 永田英則
録音: 島津未来介
編集: 高橋幸一
装飾: 山本直輝
スクリプター: 柳沼由加里
音楽プロデューサー: 高石真美
宣伝プロデューサー: 櫻糀恵介
助監督: 海野敦
ラインプロデューサー: 山田彰久
プロダクションマネージャー: 小松次郎

キャスト

高倉:
康子:
早紀:
野上:
西野:
澪:
大川:
松岡:
多恵子:
正枝:
田中:
谷本:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クリーピー 偽りの隣人』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【クリーピー 偽りの隣人】あの人・・お父さんじゃありません・・全然知らない人です・・ from 元ボクサーの一念発起 (2016年11月12日 21時17分)
    あの人・・お父さんじゃありません・・全然知らない人です・・ 「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を監督と4度目のタッグとなる西島秀俊が主演を務め実写映画化したサスペンススリラーです! いそっそう612 どうも、いごっそう612です!西島秀俊&香川照之のコンビです! 【作品情報】 原題:クリーピー 偽りの隣人邦画:サスペンス・スリラー製作年:2016年製作国:日本日本公開:2016年6月18日レンタ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリーピー 偽りの隣人 from 映画三昧、活字中毒 (2016年7月19日 19時2分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞クリーピー 偽りの隣人 2016年/日本/130分 監督: 黒沢清 出演: 西島秀俊/竹内結子/川口春奈/藤野涼子/戸田昌宏 公式サイト 公開: 2016年06月18日 元警視庁捜査一課の刑事だった高倉幸一は、ある事件がきっかけで警察を辞め、心機一転、新居を構えて、東洛大学の教授として犯罪心理学を教えることになる。高倉が妻の康子と近所に引っ越し... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリーピー 偽りの隣人 from 我想一個人映画美的女人blog (2016年7月9日 12時33分)
    「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」 このキャッチコピーだけですでに観たいという気持ちに駆られた黒沢清監督&脚本のホラーサスペンス。 ちょっと喋った近所の子に、こんなこと言われたら普通、「え?!」ってなるし、 元刑事だったらなおさら流さずにそこもっとすぐに深く考えるよね。 原作は、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前田裕の同名小説。 隣人の恐怖、不気味さをテーマに描かれているのは原作と同じだけど 原作の内容を読んだ限りでは、映画ではけっこう変えて. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリーピー 偽りの隣人」:不気味で不穏で、ツッコめます from 大江戸時夫の東京温度 (2016年7月5日 23時37分)
    映画『クリーピー 偽りの隣人』は、かなりいや~な感じの心理ホラー。終映後のロビー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリーピー 偽りの隣人」 from ここなつ映画レビュー (2016年7月2日 21時24分)
    とにかく怖い。こっっえ~!のである。香川照之が異常者で西島秀俊が過去に傷を持つ有能な犯罪心理学者であるという、ステレオタイプな配役だったとしても、だ。ラストのクライマックスに至るまでの展開は壮絶な心理戦であるにもかかわらず、香川照之が異常過ぎて怖過ぎて、それが見えてこない程に。そしてこの2人は生物学的な立ち位置が全く違うジャンルに位置しているようにさえ見えるのに(あ、つまりイケメンかそうでないかということも含めてね)、息がぴったりと合っていて、実は同じジャンルの出自なのではないかと思わせる。竹内結子が出てき ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月13日の週の公開作品
  3. 『クリーピー 偽りの隣人』