シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
 

【ブラッド・ピットインタビューを今週と来週、2週に渡ってお届けします。】

頂点を極めたブラッド・ピット

ブラッド・ピットは、男が望むもの全てを手に入れている。美しい妻(『フレ ン ズ』のジェニファー・アニストン)、すばらしいキャリア(ピットはハリウッド の最 もホットなスターの中の一人だ)、最高にセクシーなルックス。そして今度はゴ ア ・ヴァービンスキ監督の『ザ・メキシカン』でジュリア・ロバーツと初共演を果 た す。

この映画は銃の強奪劇だ。ドジなギャングのジェリー(ピット)はボス(ジ ーン ・ハックマン)に、メキシコに行き、呪われた、いわく付き骨董品のピストル “ザ・メキシカン”を取り返すよう命令される。ピットの恋人のサマンサ(ロバ ー ツ)にはこの状況について彼女なりの考えがある。そして『ザ・ソプラノズ - 哀愁 のマフィア-』のスター、ジェームズ・ガンドルフィーニがピットを殺すために 雇わ れたヒットマン役として加わるのだ。この続きは映画館でどうぞ。

ブラッド・ピットは多忙な撮影スケジュールの合間をぬ って、この独占インタ ビューに応じてくれた。ピットはディーン・マーティンの『オーシャンと十一人 の仲 間』のリメイクの撮影を終え、ロバート・レッドフォード共演の“Spy Game”の 撮影 に入ったところだ。多忙な男、ブラッド・ピット。差し迫った映画俳優組合のス トラ イキに備え、今の内に働いておこうというつもりなのだろう。


『ザ・メキシカン』
4月21日(土)より 
東京:日本劇場 大阪:北野劇場ほか 全国東宝洋画系にてロードショー
配給:ギャガ・ヒューマックス共同配給

 



  僕はあのキャラクターをアンチ・マックィーンと呼んでるよ
- あなたが演じた役は、救いがたいまぬけだと思う?
P

ブラッド・ピット(以下P) 僕はあのキャラクターをアンチ・マックィーンと 呼んでるよ。彼には全然クールなところがないから。でも、真面目で一所懸命だ し、勇気のある奴なんだ。とても防衛的だけどね。ああ、そうだね、彼はまぬ け だよ。

- 彼のことを、『トゥルー・ロマンス』で演じたマリファナを吸っているルー ムメ イトの従兄弟みたいだと思う?
P そんなこと思いもつかなかった。でも、そういう関係でもおかしくないね。
- コメディをやるのは楽しかった?
P ああ、面白かったよ。
- 過去3本の作品では薄汚れた役柄を演じているけど……。
P ああ、『ファイト・クラブ』でも汚かったし、『スナッチ』もまさに汚れ役 だっ たね。でも奴らはトレーラーパークに住んでいたから、汚いのは仕方ないんだ。
  僕には欠点があるんだ。詳しくは言わないよ
- 外見に反した役に挑戦しようとしている?
P
(C)2000 DREAMWORKS LLC AND PISTLERO PRODUCTIONS,LLC
いや、そんなことはない。前からよく聞かれているけど。別に計算してやっ ている わけではないんだ。他の分野を開拓したり、自分がまだやっていないこと、何か 面白 いことを見つけようとしているだけだよ。もしそんな役を得たら、他の俳優はや らな いようなことで、自分が役に対してできることって何だろう? つまり、いい俳 優はそ こらじゅうにいるから、何かユニークなものを探すのは、より困難になっている ん だ。でも同時にやりがいのあることだけどね。
- ゴア(・ヴァービンスキ)監督はあなたのことを、この世で一番クールな人 だと言っていましたよ。
P わお、彼は優しいね。
- でも、この映画ではあなたはそのクールな部分を抑えなければならなかった わけでしょ。
P ああ。でもね、僕はそんなに全部を兼ね備えていないよ。
- じゃあ、いい演技ができたわけね?
P ああ、いい演技だったよ。
- あなたが持っていないものって何?
P 僕には欠点があるんだ。詳しくは言わないよ。
ジュリアとはもう長年の友達なんだ
-

彼なたとジュリア(・ロバーツ)は長い間、共演しようとしていた。でも、 出演し たいと思える作品がなかった。そうでしょ?

P ジュリアとはもう長年の友達で、僕たちは何度か話し合った。いろいろな企 画が巡ってきたけれど、どれも実を結ばなかった。
 
- その内の1本を挙げてもらえる?
P いや、それはできない。そういった作品が実際に作られたかさえ知らない し。企 画はたくさん出てきたけれど、結局実現しなかった。そこへ今回の話がどこから とも なく入ってきた。2人とも、この種の低予算の、いかれた追いつ追われつの映画 に飛び込むっていうのは、とても魅力的だと思ったんだ。
- ジュリアとはいつ知り合ったの?
P もうずっと昔のことだから、どこで知り合ったかなんて覚えてないよ。
  いろんなジャンルを混ぜ合わせた強盗映画なんだ
- この作品では、2人はいつもお互い怒鳴りあっているような関係だけど、そ の辺 はどうだった?
P (笑いながら)彼女はタフだよ。本当にタフさ。だから僕達にとっては自然なこ とだったよ。前から友達だったから、僕もこうなるって分かってたし、彼女も分かっ ていた。2人がいがみあうロマンティック・コメディに出るというアイディア自体、 とても面白いよ。(キャサリーン・)ヘップバーンと(スペンサー・)トレイシーが昔よくやっていたみたいな感じだね。つまり、そういう感じの撮影だった。


(C)2000 DREAMWORKS LLC AND PISTLERO PRODUCTIONS,LLC

 

- 彼女は『赤ちゃん教育』でヘップバーンが演じていたような、ちょっと鈍感な……。
P 問題を抱えている。
- ええ。でも、これは俗にいう、本当のロマンティック・コメディ映画というわけ でもないし……。
P そうだ。それも僕がこの作品に興味を持った理由なんだ。これは、いろんな ジャンルを混ぜ合わせた強盗映画で、タランティーノ的な要素もあるし、話もあちこち跳ぶ。ゴアは、映画全体を通 して本筋を維持しようと一所懸命だったけどね。だからこそ、僕にとっては面 白かった。
【ブラッド・ピットインタビュー(2)を読む】
(エステル・パーソンズ/訳 増田由紀子)
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク