シネマトゥデイ


クエンティン・タランティーノと、ユマ・サーマン。
『パルプ・フィクション』以来、世界中でいったいどれだけのファンがこのコンビの復活を待ち望んでいたことだろう。9年という時を経て実現したその夢の作品『キル・ビル』は、もともとタランティーノが「パルプ・フィクション」を撮っている時からもっていた構想だった。


 「『パルプ・フィクション』の撮影中に、彼は私を主演にした次の映画のアイデアだといって、この映画の構想について話してくれていたのよ。数年前、あるパーティで久しぶりにばったりクエンティンに会った時それを思い出して、‘ねえ、あの映画について、その後何も聞かないけど、あれはどうなったの?’と聞いたの。その会話がきっかけで、彼は再び、そのままになっていた脚本の執筆に乗り出したみたい」


 サーマンがこの映画で演じるのは、結婚式の当日に、自分のかつてのボスであるビルとその手下から暗殺されそうになり、昏睡状態に陥るという、その名も“ザ・ブライド”。そもそも、このキャラクターを花嫁にしようと提案したのは、サーマン自身だったという。


 「この役は、クエンティンと私の共同作業の中で出来上がっていったもの。常に意見交換をしていたから、どこまでが私のアイデアで、どこまでが彼のものだったのか、もう分からないぐらいよ」


 しかし、そこまで二人が情熱を注いだ映画の撮影がようやく始まろうという時、ひとつの大きな問題が生じる。サーマンが夫のイーサン・ホークとの間に、2人めの子供を妊娠したのだ。その知らせを受けたタランティーノは、サーマンの出産が終わるまで撮影を延期するという異例の決断を下す。
 

「クエンティンがそう決めたことについては、今でも心から感謝しているわ。あの役について私は最初からあまりにも深く関わっていたから、ほかの女優がやることになったとしたら、すごく妙な気持ちになったと思う。この映画に出演することは私の運命だったの。それと同じくらい、この子を産むことも私の運命だったのよ」


 役者のために開始直前だった撮影を1年以上も延期するという監督は、ほかにはいないだろうとタランティーノも自認する。そこまでしてくれた彼のために、無事男の子を出産したサーマンも、全力をもって努力した。彼女にとっては珍しいアクション満載のこの映画に備え、出産が終わるやいなやトレーニングに励んだのだ。


 「出産直後の体は、元どおりに戻すだけでも大変。それなのに、毎日8時間、週5日のトレーニングを3か月もこなしたんだから厳しかったわ。でも、今となってはいい経験になったと思っている。私には絶対できないと思っていたようなことが、訓練の結果できるようになるって、いい気持ちよ」


 監督と主演女優の情熱と努力の結果が集約された『キル・ビル』。その出来にサーマンは心から満足しているようだ。


「エキサイティングでスリリングで、ユーモアもあって。そして何よりも、今まで誰も見たことがないようなオリジナリティにあふれている。こんな映画を作れるのは、クエンティンしかいないわ。彼のことを、ほめる人もいればけなす人もいるのはわかっている。でも誰が何と言おうと、彼は生まれながらのフィルムメーカー。私にとっては文句なく、最高のディレクターよ」

(文・インタビュー:猿渡由紀)

ルーシー・リュー 独占インタビュー

『キル・ビル』でユマ・サーマン演じるザ・ブライドが対決する最強の敵が、オーレン・イシイ。ヤクザの女親分のオーレンが、中国系アメリカ人と日本人のハーフというユニークな設定になっているのは、タランティーノ監督が、この役を演じる女優に、中国系アメリカ人であるルーシー・リューを最初から意識して書いたせいだ。
「ある日突然、クエンティンから私の自宅に電話がかかってきたのよ。彼は、‘君のために作った役があるんだ。脚本を読んでみてくれないか?’って。信じられなくて、自分の耳を疑ったくらい」

続きを読む→

 関連商品


「キル・ビル」サウンド・トラックCD
価格:¥2400
(送料無料)

24時間以内発送

本作の監督クエンティン・タランティーノは本アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーもつとめる。マイナー嗜好が炸裂し、究極のごった煮アルバムがここに誕生!

曲目リスト
1.バン・バン / ナンシー・シナトラ
2.サートン・フィーメール / チャーリー・フェザース
3.『怒りのガンマン 銀山の大虐殺』のテーマ / ルイス・バカロフ
4.『密室の恐怖実験』のテーマ / バーナード・ハーマン
5.クイーン・オブ・ザ・クライム・カウンシル
6.オウド・トゥ・オーレン・イシイ / RZA
7.ラン・フェイ・ラン -『THREE TOUGH GUYS』より / アイザック・ヘイズ
8.『グリーン・ホーネット』のテーマ / アル・ハート
9.バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティ -『新・仁義なき戦い』のテーマ / 布袋寅泰
10.悲しき願い / サンタ・エスメラルダ
11.ウー・フー / ザ・5,6,7,8’s
12.クレイン / 『白熱』のテーマ / RZA / チャールズ・バーンスタイン
13.修羅の花 -『修羅雪姫』のテーマ 03:52梶芽衣子
14.ロンリー・シェパード / ザンフィル
15.ユー・アー・マイ・ウィキッド・ライフ
16.『鬼警部アイアンサイド』のテーマ(抜粋) / クインシー・ジョーンズ
17.空間美学PART2(抜粋)/ ノイ
18.ヤクザ・オーレン1 / RZA
19.バニスター・ファイト / RZA
20.フリップ・スティング
21.スウォード・スウィング
22.アックス・スロウズ



 

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク