シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『プラダを着た悪魔』特集

『プラダを着た悪魔』
処世術 うわさの真相 ブランド図鑑

パトリシア・フィールドうわさの真相

本作の最大の見どころは、プラダはもちろん、シャネル、ヴェルサーチ、ケイトスペードと、名だたるブランドが「これでもか!」といいうほど登場する華やかなファッション! ブランド物の洋服を着こなせてこそ、“デキる女”の証しとばかりにブランド物を着まくる登場人物たち。アン・ハサウェイふんするヒロインの華麗な七変化ぶりや、メリル・ストリープふんするカリスマ編集長の格上な気こなし術をあなたのファッションにとり入れてみてはいかが?

ファッションのポイント1:シャネルのジャケットにミニスカートで勝負

image

「ファッション誌の編集者らしい装いを心掛けよう!」とアン・ハサウェイ演じるアンディが心を入れ替え、ファッション・ディレクターのナイジェルに見立ててもらったコーディネート。黒のジャケットはシャネルで、極ミニのスカートはイタリアのブランド、クリスティーナ・ティ。シャネルの高額ジャケットは、ランウェイの編集部に所属するアンディならでは。“凶器になるようなハイヒール”のブーツとマッチしていて、どこからどう見てもオシャレっ子! 大胆に開いた胸元はファッション誌関係者としての自信をチラ見せってこと? 

おしゃれ指数:●●●●○

アドバイス:“気合の装い”には仕立ての良いタイトなラインのジャケットとミニスカのコーディネートがおすすめ。

UP

ファッションのポイント2:お出かけにはケイトスペードのバックが必需品

カルバン・クラインのオリーブ色ワンピにケイトスペードのバッグは、アンディが鬼編集長ミランダのおつかいに走り回るときのファッション。ドレープが美しいジャージィ素材は、一見サテンのような光沢感がありつつも、走ったり座ったりしてもシルエットがきれいなままなのがポイント! しかも、幅広のベルトでウエストをキュッとマークし、豊満で女性らしい胸を強調している(?)のも心憎い。また、ブロンズとゴールドのコンビネーションがまぶしいケイトスペードのバッグは、日本でも即完売したもの。そして、頭に乗せたサングラスにはキラリと輝くシャネルマークが!

image
おしゃれ指数:●●●○○

アドバイス:完売必須のアイテムは早めにゲットしておいて!

UP

ファッションのポイント3:定番の白シャツはミュウミュウで決まり

image

ミランダの自宅にランウェイの見本誌を届ける大切な任務を遂行するときは、時間外業務のカジュアルさを備えつつもキメのファッションで。ミュウミュウの真っ白なシャツに襟の開き具合が美しい半袖ニットを重ね、涙が出そうになるほどかわいいシャネルのネックレスをその上に飾れば、気合いとカジュアル感が程よくミックスしたスタイルの出来上がり! ボーイズライクなシャネルのツイードキャスケットもピリリとしたアクセントになっていて、とってもラブリー。

おしゃれ指数:●●●○○

アドバイス:「休日出勤だからラフにいきたいけれど、オシャレに手抜きをしているとは思われたくないし……」というときの“ちょいキメ・カジュアルスタイル”。

UP

スタイルファッションのポイント4:ヴェルサーチやエルメスは貫禄で着こなす

一流ファッション誌のカリスマ編集長ミランダのファッションは、いつでもどこでもパーフェクト! デニス・バッソのファーコート、ダナ・キャランの黒いニット、ウエストマークがインパクト大なカヴァリのベルト、ヴェルサス・ヴェルサーチのサングラス、フェンディのバッグ、エルメスのパンプスと、頭のてっぺんから爪先までとことんゴージャス。女王様ばりのきらびやかさを持ち合わせていながら、デキる女のスマート感も損なっていないのがミランダ流ファッションのポイント。

image
おしゃれ指数:●●●●●

アドバイス:“デキる女のスタイル”には貫禄とハイレベルなオーラが必要不可欠。

UP

ファッションのポイント5:パーティドレスはもちろんプラダ

image

パリコレのパーティーでミランダが着用したドレスは、お待ちかねのプラダ! そして、ジュエリーはフレッド・レイトンのもの。フレッド・レイトンはアカデミー賞授賞式など、公式の場に女優たちが出席するときの御用達のジュエリーで、リース・ウィザースプーンやニコール・キッドマンが主演女優賞を受賞したときもフレッド・レイトンだった。そんなセレブのコーディネートを当然のごとくモノにしているミランダだが、黒いプラダをまとった彼女はまさに“プラダを着た悪魔”。なぜ“悪魔”なのかは本編を観てのお楽しみ。

 おしゃれ指数:●●●●●

アドバイス:“ミランダ・スタイル”を追求するなら、すべてブランドで超クールにキメて!

UP

ファッションのポイント6:お気に入りの勝負服はミュミュウ

先ごろ来日したアンディ役のアン・ハサウェイが記者会見のときに着ていたボルドー色のワンピはミュウミュウのもの。初来日とあって、数週間前に気に入って購入した私物で登場するという気合の入れよう。会見時には「とにかくこのワンピがお気に入りなの。似合ってないと思ってもツッコマないでね」と笑顔を見せつつも、極度の緊張とライトの光のせいで汗をぐっしょりかいてしまい、ワンピの色が変色してしまっていたのもご愛嬌(あいきょう)。ハイウエストの切り替えしとパフスリーブが女の子らしく、黒いレザーのブーツともマッチしている。ただし、アン自身は「家に帰ったときに着られる普通のジャージーが一番落ち着く!」のだとか。美しい顔に似合わないおちゃめ発言もグッド!

image
おしゃれ指数:●●●●○

アドバイス:お気に入りの洋服は笑顔で着こなして!

UP
--区切り--
オフィシャルサイト 「プラダを着た悪魔」特集 作品情報 トップ
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 18日
  5. 『プラダを着た悪魔』特集 ブランド図鑑−お気に入りのコーディネートをチェック!−