シネマトゥデイ

私的映画宣言 サード・シーズン2月


今年は全米脚本家協会のストライキで、前哨戦のゴールデン・グローブ賞授賞式がなくなり、アカデミー賞は? と授賞式の行方も直前までハラハラさせられた今年のアカデミー賞(授賞式は決行されます!)。でも、やっぱり気になるのはオスカーの行方ですよね。今年も伏兵作品&俳優は現れるのか、シネマトゥデイでは、私的映画宣言“サード・シーズン”のライターに第80回アカデミー賞の行方を予想してもらいました!


<第80回アカデミー賞特集のページはこちら>


斉藤博昭

個人的にはヴィゴ・モーテンセンの狂乱裸舞かジョニーの哀切歌唱賞で推したいけど、主演男優賞はパートタイム俳優の底力に屈するしかない、か。監督賞&助演男優賞も確実度で勝負。主演女優賞は作品を観てないので無責任にジュリー・クリスティと言えず、そうなったら『アイム・ノット・ゼア』で2度目の助演女優賞当確だったケイト・ブランシェットをヒース・レジャーへの票も加味して主演賞に格上げ(って論理ムチャクチャや!)。あと本心では『アメリカン・ギャングスター』に主要部門受賞を期待していたので、せめて代表して助演女優賞だけでも。どうかお願い! で、結局、完成度高いのに無冠はかわいそうな『つぐない』に空いていた作品賞を埋めてもらい、強引だけど満足な予想になったかも。

オスカー予想

作品賞つぐないつぐない
『つぐない』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演女優賞ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ルビー・ディーアメリカン・ギャングスター

このページのトップへ

中山治美

何てったって今年は、ジョニー・デップが主演男優賞をゲットするか? 否か? それしか関心ございません。先のゴールデン・グローブ賞のように、せっかく主演男優賞を獲得しても“授賞式、ナシよ!”という不運が、後のジョニー伝説を物語るにふさわしいエピソードになると思うので、いっそのことアカデミー賞授賞式も……。な~んてことを、腹黒いわたしゃ期待してしまうのだが。いやはや、授賞式に関してはまだまだ予断を許しませんぜ。総じて今年は粒ぞろいの混戦模様。2年前、下馬評の高かった『ブロークバック・マウンテン』を制して『クラッシュ』が作品賞を受賞したように、今年も伏兵、『JUNO/ジュノ』が勢いにノって勝利を手にする予感。

オスカー予想

作品賞JUNO/ジュノジョニー・デップ
ジョニー・デップ『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ジョニー・デップスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
主演女優賞マリオン・コティヤール エディット・ピアフ~愛の讃歌~
助演男優賞ケイシー・アフレック ジェシー・ジェームズの暗殺
助演女優賞ケイト・ブランシェット アイム・ノット・ゼア

このページのトップへ

高山亜紀

今年のアカデミー賞は何かヨーロピアン。監督賞候補ジュリアン・シュナーベル、主演女優賞候補マリオン・コティヤールはフランス語映画でのノミネート。受賞はないだろうが、外国語映画でここまで食い込むとは立派。ほかの候補者もヨーロッパ系が目立ち、こじつけっぽいけどアメリカ人もヨーロッパな香りの人中心? ジョニデはヨーロッパ在住、ジョージ・クルーニーはイタリアのどっか名誉市民。コーエン兄弟もポール・トーマス・アンダーソンもヨーロッパでの評価が高い。昔は嫉妬(しっと)からイギリス人のハードル高めというウワサだったアカデミー賞だけど、去年のヘレン・ミレンからブームが続いているのか。残念ながら、アジア・ブームはすっかり下火らしい。

オスカー予想

作品賞ゼア・ウィル・ビー・ブラッドコーエン兄弟
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン『ノーカントリー』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ジョニー・デップスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
主演女優賞ジュリー・クリスティ アウェイ・フロム・ハー 君を想う
助演男優賞トム・ウィルキンソン フィクサー
助演女優賞ケイト・ブランシェット アイム・ノット・ゼア

 

このページのトップへ

相馬学

今年も私情を挟まないtoto仕様の予想。“年寄りには住みつらい世の中じゃ”というボヤキが聞こえそうな『ノーカントリー』が、年配層の厚いアカデミー会員に熱烈に迎えられるのは必然的で、前哨戦の結果からも作品賞・監督賞のうち1つは堅い。男優賞2つはどちらも本命。迷ったのは女優賞で、主演女優賞はエディット・ピアフが年配層にアピールし、難解な助演女優賞はボブ・ディランに団塊層が支持……なんてことにならないかな。近年、実在のミュージシャンを演じた人は強いし。とにかく、今年のキーワードは“old men”。脚本家協会のストが長引いたら、 毎年授賞式を心待ちにしているご隠居アカデミー会員にしてみれば“住みづらい世の中”がシャレにならなくなるところだったが、まずはひと安心。

オスカー予想

作品賞ノーカントリーマリオン・コティヤール
マリオン・コティヤール『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演女優賞マリオン・コティヤールエディット・ピアフ~愛の讃歌~
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ケイト・ブランシェットアイム・ノット・ゼア

このページのトップへ

鴇田崇

何しろ地味なネタがズラリな上に、独立系配給作品が幅を利かす今回は激しい混戦の様子だが、作品賞と監督賞はここまでで数々の賞を獲りまくっている『ノーカントリー』が大本命。その勢いで助演男優賞もゲット。主演男優賞はダニエル・デイ=ルイスがカタイだろうけど、ジョニー・デップにGOES TOしてもらいたいなぁという個人的願望。“見た目にわかりやすい”伝記ドラマが会員は大好物なのでマリオン・コティヤールの主演女優賞、“男装”ディランのケイト・ブランシェットもアリ。まぁ毎年予想が当たらないので、もはやどうでもよくなってしまったアカデミー賞だが、ちょっと引いてみると予想って当たるモノ。今年は全部門当たるかなぁ~。

オスカー予想

作品賞ノーカントリーハビエル・バルデム
ハビエル・バルデム『ノーカントリー』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ジョニー・デップスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
主演女優賞マリオン・コティヤール  エディット・ピアフ~愛の讃歌~
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ケイト・ブランシェットアイム・ノット・ゼア

 

このページのトップへ

小林真里

今年はアカデミー会員たちが好むようなスケール感あふれる大作もなく、ハイクオリティーながらもアート寄りの作品が勢ぞろいし本命不在の作品賞部門。個人的には『JUNO/ジュノ』に心底ほれたのでぜひ受賞してほしいところだが、オスカー前哨戦をほぼ総なめにしているもう1本の傑作、『ノーカントリー』が有力。監督賞も、全米監督組合賞を受賞したコーエン兄弟で。主演男優賞は、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で魂がこもった迫真の演技を披露したダニエル・デイ=ルイスで決まり。主演女優賞は、まだ29歳のサラ・ポーリーの円熟した演出が光った『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』のジュリー・クリスティに敵なし。助演男優賞は冷酷無比の殺人マシーンを演じたハビエル・バルデム。助演女優賞は、『アイム・ノット・ゼア』でのボブ・ディラン役のインパクトが強烈だったケイト・ブランシェットが2度目の栄冠を手に入れるだろう。今年のオスカーは、そんな感じで波乱は起きない気がしますが、果たして?

オスカー予想

作品賞ノーカントリーダニエル・デイ=ルイス
ダニエル・デイ=ルイス『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞コーエン兄弟ノーカントリー
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演女優賞ジュリー・クリスティアウェイ・フロム・ハー 君を想う
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ケイト・ブランシェットアイム・ノット・ゼア

このページのトップへ

山縣みどり

脚本家協会のストライキとは関係なく、気分が盛り上がらない今年のオスカー。『イントゥ・ザ・ワイルド』のハル・ホルブルックや『アメリカン・ギャングスター』のルビー・ディーを候補にし、独自色を出そうと小細工しているアカデミー協会だが、コンサバっぷりは相変わらず。わたしに選ばせてくれるなら、作品賞は『JUNO/ジュノ』と『つぐない』のどちらかだし、監督賞は『アイム・ノット・ゼア』のトッド・ヘインズ。といっても、賞レース独走状態の『ノーカントリー』の圧倒的勝利は確実なんでしょうね。ついでに言うと、助演男優賞は『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・ダノ(候補にもなってないって、どういうこと! キーッ)にあげたい。主演女優賞はエレガントに老人ボケしていたジュリー・クリスティにささげて、主演男優賞は全身タトゥー&変な髪形が怖いヴィゴ様にあげてほしいです。

オスカー予想

作品賞 ノーカントリー
ダニエル・デイ=ルイス
ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス(原題)』(C) A.M.P.A.S.
監督賞 コーエン兄弟 ノーカントリー
主演男優賞 ヴィゴ・モーテンセン イースタン・プロミス(原題)
主演女優賞 ジュリー・クリスティ アウェイ・フロム・ハー 君を想う
助演男優賞 トム・ウィルキンソン フィクサー
助演女優賞 ケイト・ブランシェット アイム・ノット・ゼア

このページのトップへ

前田かおり

受賞してもヒットは難しそうなアクの強い作品がズラリ。個人的には『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』にダイソン級の吸引力で引き込まれたけど、世の動向を見ると、『ノーカントリー』が有利そうだ。しかし、監督賞では銃だの金もうけだの、重っ苦しい題材の中、『潜水服は蝶の夢を見る』で人間の生きる力を描いてくれたジュリアン・シュナーベル監督に1票。主演男優賞は油で真っ黒なつめの先と朗々たる声で一世一代の大芝居をしたダニエル・デイ=ルイス。助演男優賞も怪演のハビエル・バルデムで決まり。主演女優賞はエレン・ペイジだと時期尚早だからベテランのジュリー・クリスティに。助演女優賞はワキの下の汗をぬぐう生々しい演技をしたティルダ・スウィントン。あとは外国語映画賞で浅野クンの『モンゴル』が取れば、日本国内、少しは盛り上がる?

オスカー予想

作品賞ノーカントリーティルダ・スウィントン
ティルダ・スウィントン『フィクサー』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞ジュリアン・シュナーベル潜水服は蝶の夢を見る
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演女優賞ジュリー・クリスティアウェイ・フロム・ハー 君を想う
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ティルダ・スウィントンフィクサー

このページのトップへ

今 祥枝

昨年以上に混沌(こんとん)とした今年。アカデミー賞が何をやりたいのかさっぱりわからないので、5作品の中で一番好きな『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』一点張りで(笑)。現実的には監督と作品は『ノーカントリー』との痛み分けか。と言いつつ、ジュリアン・シュナーベルが持ってちゃったりして! 個人的には作品賞の他の3作は問題外なので、コーエン兄弟とポール・トーマス・アンダーソンの健闘を祈る。主演男優賞はジョニー・デップだったらそれはそれでうれしい。候補作の中では最も興収が良いであろう『JUNO/ジュノ』にも何かあげとかないとね。脚本あたり? ミュージカルファン的には『魔法にかけられて』や『ヘアスプレー』、それから『アメリカン・ギャングスター』の面々にもエントリーしてほしかったな。

オスカー予想

作品賞ゼア・ウィル・ビー・ブラッドゼア・ウィル・ビー・ブラッド
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
(C) A.M.P.A.S.
監督賞ポール・トーマス・アンダーソンゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド
主演女優賞ジュリー・クリスティアウェイ・フロム・ハー 君を想う
助演男優賞ハビエル・バルデムノーカントリー
助演女優賞ケイト・ブランシェットアイム・ノット・ゼア

 

このページのトップへ

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク