シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ちょっと気の早い!第89回アカデミー賞ノミネート予想(1/2)

第89回アカデミー賞

 気づけばもう11月もおしまい。毎年この時期は、徐々にアカデミー賞に絡んできそうな作品の評判が聞こえてくるころです。そこで今週のクローズアップでは、今年もちょっと気が早いですが、必ずやアカデミー賞にノミネートされるであろう注目の9作品をピックアップしました!(編集部・中山雄一朗)

オスカー大本命!『シカゴ』以来ミュージカルがくる!?

『ラ・ラ・ランド』

ラ・ラ・ランド
(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【監督】デイミアン・チャゼル【キャスト】ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド【日本公開日】2017年2月24日

 『セッション』で頭角を現したデイミアン・チャゼル監督が、次に手掛けたのはミュージカル。映画スタジオのカフェで働く女優志望のミア(エマ・ストーン)は、場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と恋に落ち互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから何かが狂い始める。ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞(エマ)に輝き、アカデミー賞の前哨戦として注目されるトロント国際映画祭の観客賞も受賞して、オスカー大本命との呼び声高い一作。『シカゴ』以来14年ぶりにミュージカル映画が栄冠をつかむか。

主演男優賞の最有力!ベンアフの弟ケイシー・アフレックに注目

『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題) / Manchester by the Sea』

マンチェスター・バイ・ザ・シー
Roadside Attractions / Amazon Studios / Photofest / ゲッティ イメージズ

【監督】ケネス・ロナーガン【キャスト】ケイシー・アフレックミシェル・ウィリアムズ 【日本公開日】未定

 もともとマット・デイモンが主演を務める予定だったが、スケジュールの都合で降板し、大親友ベン・アフレックの弟ケイシーを主演に推薦した本作。兄が死んだことで、16歳のおいの面倒を見ることになる主人公リーを演じたケイシーの評価は高く、主演男優賞の最有力候補といっても過言ではない。『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本家ケネス・ロナーガンがメガホンを取り、『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズがリーの妻にふんした。主演を降板したマットもプロデューサーとして参加している。

デンゼル・ワシントン監督&主演男優賞Wノミネートなるか

『フェンス(原題) / Fences』

フェンス
Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

【監督】デンゼル・ワシントン【キャスト】デンゼル・ワシントンヴィオラ・デイヴィス【日本公開日】未定

 デンゼル・ワシントン が2010年にトニー賞演劇主演男優賞に輝いた舞台を、自ら監督・主演を務めて映画化。1950年代、人種問題に苦しみながらも家族を支えたアフリカ系アメリカ人の男と、その家族を描く。舞台版でデンゼルと共に夫婦を演じ、同じくトニー賞で演劇主演女優賞を獲得した『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』ヴィオラ・デイヴィスも同じ役で出演。意外にもこれがすでに監督3作目となるデンゼルの監督賞&主演男優賞Wノミネートに期待がかかる。

窪塚洋介、浅野忠信、小松菜奈らも!スコセッシが「沈黙」を映画化

『沈黙 −サイレンス−』

沈黙 −サイレンス−
Photo Credit Kerry Brown

【監督】マーティン・スコセッシ【キャスト】アンドリュー・ガーフィールドリーアム・ニーソンアダム・ドライヴァー窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮【日本公開日】2017年1月21日

 巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説「沈黙」をついに映画化。17世紀江戸時代初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本にたどり着いた宣教師の体験を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを問う。日本からも窪塚洋介浅野忠信小松菜奈らが出演している。

これが実話!? 生き別れた少年と家族が25年後、奇跡の再会

『ライオン(原題) / Lion』

ライオン
The Weinstein Company / Photofest / ゲッティ イメージズ

【監督】ガース・デイヴィス【キャスト】デヴ・パテルルーニー・マーラニコール・キッドマン 【日本公開日】未定

 5歳のときに故郷から遠く離れたところで迷子になり、オーストラリア人夫婦に引き取られたサルー・ブライアリーさんが25年後、Google Earth を駆使して実の家族を捜し出したという驚きの実話を基にした本作。青年になったサルーさんを演じたこの俳優、どこかで見たことあると思いきや、『スラムドッグ$ミリオネア』の子(=デヴ・パテル)ではないか。その恋人には『ドラゴン・タトゥーの女』ルーニー・マーラ、迷子になったサルーを引き取るオーストラリア人女性にはニコール・キッドマンがふんした。メガホンを取ったガース・デイヴィス監督はこれが長編デビュー作となる。

≫まだまだ続きます!

【関連情報】

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 24日
  5. ちょっと気の早い!第89回アカデミー賞ノミネート予想