シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

細川茂樹、愛する人のためなら迷わず復しゅう?

細川茂樹、愛する人のためなら迷わず復しゅう?
(前列左から)鹿賀丈史、藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、(後列左から)金子修介監督、戸田恵梨香、香椎由宇、細川茂樹、藤村俊二

 1400万部突破の大ヒットコミック「DEATH NOTE」がこの夏、実写映画化される。その映画『DEATH NOTE デスノート』製作報告記者会見が行われ、主演の藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香ら総勢9名が登壇したほか、死神・リュークも登場した。

会見席にはなぜか1つだけリンゴが置かれている席があった。それは物語の設定で、死神・リュークは“死のノート(デスノート)”に触れた者にしか姿や声が認知できないため、好物であるリンゴが代わりに置かれているとの演出だ。映画での死神・リュークはCGで表現されている。

“デスノート”を使って愛する人が殺されたらどうするかとの質問に、考え込んでしまう出演者をよそに、細川茂樹は「迷わず復讐(ふくしゅう)しますね。復讐劇の小説をたくさん読んでいたので、こうすればいいとか頭に入っています!」と会場を沸かせていた。

『DEATH NOTE デスノート』は6月17日より丸の内プラゼールほかにて公開。
『DEATH NOTE デスノート』オフィシャルサイト<http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 細川茂樹、愛する人のためなら迷わず復しゅう?