シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

行定監督、今度はペ・ドゥナを主婦にした映画を撮りたい

行定監督、今度はペ・ドゥナを主婦にした映画を撮りたい
ペ・ドゥナと行定勲監督

 現在公開中の『クローズド・ノート』の監督、行定勲がペ・ドゥナを主婦に映画を撮りたいと、釜山国際映画祭の会見で語った。

 この会見は行定作品の大ファンであるペ・ドゥナが、行定監督に「ぜひお会いしたい」という一言からセッティングされたものらしく、『クローズド・ノート』もすでに観賞したペ・ドゥナは「美しい映像と、役者もすばらしいです。感受性を刺激される作品です」と作品に対する率直な感想を述べた。

 行定監督は、記者からペ・ドゥナを起用して映画を撮るとしたら、どのような役にするかと質問され「主婦ですね。日本に嫁いできた韓国の花嫁です。閉塞(へいそく)的な日本の社会の中で韓国からの花嫁がどう生活していくのか、想像したら面白い物語が撮れそうだと思いました」とまるでイメージが頭の中で出来上がっているかのような口調で語った。韓国一のコメディエンヌと言われているペ・ドゥナの魅力については「ほかにこういうタイプの女優さんはいないですね。個性的ですが、とてもかわいい顔をしています。特におどろいたりする表情がすごく魅力的です」とペ・ドゥナを絶賛していた。

 実は行定監督は以前に一度ペ・ドゥナを起用しようと思ったことがあるらしいが、そのときは、ちょうど山下敦弘監督も同じことを思っていたらしく『リンダ リンダ リンダ』に起用されているペ・ドゥナを見て、「先を越された」と思ったそうだ。

 行定監督自らが「安心できる女優」と太鼓判を押す竹内結子は、『春の雪』でヒロインを見事に務め上げ『クローズド・ノート』でも好演を見せた、すでに行定映画の “ミューズ”。しかし、今回の会見ではペ・ドゥナで何本か映画を撮れそうなくらい、すでに行定監督のイメージが膨らんでいるようで、今後、新たな“ミューズ”が誕生するかもしれない。

『クローズド・ノート』は全国東宝系にて公開中
オフィシャルサイト<http://closed-note.com/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 行定監督、今度はペ・ドゥナを主婦にした映画を撮りたい