シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
春の雪
(C)2005「春の雪」製作委員会
製作年:
205年
製作国:
日本
日本公開:
2005年10月29日
(東宝洋画系)
上映時間:
配給:
東宝

見どころ:『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、妻夫木聡と竹内結子主演で描く大正時代を舞台にした切ないラブストーリー。三島由紀夫の“豊饒の海”シリーズの第1作「春の雪」を映画化した作品。共演に『パッチギ!』で注目を浴びた高岡蒼佑。本作でもその素朴なキャラクターを生かした演技を見せる。撮影監督に『花様年華』『夏至』のリー・ピンビンを迎え、日本の貴族の華やかな生活を見ごとな映像美で映し出している。

あらすじ:侯爵家の子息、松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢である綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみの仲だったが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていた。しかし、不器用な清顕はその愛情表現に対してうまく応えることが出来なかった。

春の雪
(C)2005「春の雪」製作委員会


スタッフ

監督:
製作: 富山省吾
音楽: 岩代太朗
美術: 山口修
編集: 今井剛
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『春の雪』の映画ニュース

  • 女優の志田未来(24)が、10月13日放送のTBS系テレビドラマ「コウノドリ」第1話にゲスト出演し、出産に挑む妊婦を演じることが発表され、反響を呼んでいる。 志田というと、...年に出演したドラマ「女王の教室」や映画『春の雪』での好演で注目を浴びた。その翌年には、...
  • 現地時間10月12日から21日にかけて韓国で開催される第22回釜山国際映画祭の「Gala Presentation(ガラ プレゼンテーション)部門」への正式招待が決定した、嵐・松本潤&有村...きることを嬉しく思います。かつて『GO』『春の雪』『クローズド・ノート』という恋愛映画を...
  • 俳優の妻夫木聡が8日、熊本県で開催中の「くまもと復興映画祭 Powered by 菊池映画祭」で行われた特集上映「俳優・妻夫木聡」に来場、熊本の観客の熱烈な歓迎を受けた。 現...族』、そして行定勲監督とタッグを組んだ『春の雪』の三本が上映された。中でも足が不自由な...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 春の雪 from 映画はレンタル前に無料動画で! (2010年10月27日 8時22分)
    映画【春の雪】 をネットの無料動画で視聴! 春の雪(はるのゆき)は、妻夫木聡と竹内結子主演で、2005年10月に公開された映画。 大正初期の貴族社会を舞台に、愛し合いながらも結ばれぬ男女の悲恋を描いた文芸ドラマ。 三島由紀夫による原作を基に、「世界の中心で、愛 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 春の雪【映画】 from ニコニコ動画の無料映画ナビ (2009年9月3日 14時22分)
    映画【春の雪】 の無料視聴動画や、あらすじ、キャストを紹介。 春の雪 の解説 春の雪(はるのゆき)は、2005年10月29日に公開された映画。 大正初期の貴族社会を舞台に、愛し合いな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 春の雪 from よろず茶屋 (2006年7月3日 13時56分)
    三島文学の美しさを映像で再現! 公開前から、セカチュウの行定勲監督ということで、注目度も大!? 私も去年の夏に、原作を読んで公開を心待ちにしていたひとりでしたが 何となく観そびれてしまいDVDで鑑賞。 仕上がりとして.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「春の雪」 from prisoner's BLOG (2006年5月5日 9時8分)
    主役二人はどう見ても華族って柄じゃないなあ、と思って見ていたが、もともと主に男の幼児性にのっとった、華族も平民も昔も今もない話。日本の華族って、ヴィスコンティの世界みたいに平民とはまったく別の世界という程の迫力ないし。 身分がどうの格式がどうのという枷の多い世界をこの原作者らしくメロドラマの趣向に使って見せるが、手紙の扱いや崇徳院の歌などの趣向のメリハリは今一つ。 つい最近、竹内結子が出産したばかりなので、撮影時何か月だったのだろうと余計なことを考えながら見ていた。ラブシーンで肩も見せないのは、そのせいか ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年10月24日の週の公開作品
  3. 『春の雪』