シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

和泉元彌、家庭円満を必死にアピールするも、母セッチーがブチ壊し!!

和泉元彌、家庭円満を必死にアピールするも、母セッチーがブチ壊し!!
家庭は円満ですよ。

 20日、パラマウント・ピクチャーズ・ジャパンで映画『スパイダーウィックの謎』の試写会が開催され、タレントの和泉元彌、母親の和泉節子、二女の三宅藤九郎が映画を鑑賞し、その後行われた会見でセッチーこと節子が、最近芸能活動を再開した嫁の羽野晶紀に対し苦言を呈した。{link text="【関連写真はこちら】" url="http://cinematoday.jp/movie/T0005886"}

 悪い妖精との戦いに巻き込まれた少年が、家族とのきずなを再確認する『スパイダーウィックの謎』。そんな映画の内容に、昨年から家庭問題でお騒がせの元彌も「子どもが頑張っている姿を観ているだけで泣けてくる」「今度はぜひ子どもを劇場に連れて、観せてあげたい」など、子どもに対する愛情がたっぷりだとアピール。皮肉にも映画の主人公は母子家庭という設定だが、「うちは家族が一つ屋根の下で仲良く暮らしている」と家庭円満を強調していた。

 一方、母親の節子は、最近テレビに出ずっぱりの嫁について「観ていない。わたしはとても忙しいので」としながらも、その直後には「妻業がちょっと少ないかな。あれだけ出てれば大変だろうなと思う」とやはり気にしている様子。元彌の家族を風船に例えて「風船のひもを握っているのはわたし」とあくまで主導権は自分にあるかのようなコメントで、息子の苦笑いを誘っていた。

 なおこの日の会見は約40分も開始が遅れたほか、当初来場予定のなかった二女がなぜか姿を現すなど、まさに「和泉家の謎」というべき映画キャンペーンとなった。

 『スパイダーウィックの謎』は長年封印されていた“謎の書”を開いてしまった少年が、邪悪な妖精との戦いに巻き込まれる愛と冒険のファンタジー大作。映画『チャーリーとチョコレート工場』の名子役フレディ・ハイモアが主演を務めている。

映画『スパイダーウィックの謎』は4月26日よりスカラ座ほかにて全国公開
オフィシャルサイト <http://www.sw-movie.jp/>

{link text="【関連記事】桑田真澄「野球の神様はいると思う」アドベンチャーな野球人生を振り返る" url="http://cinematoday.jp/page/N0013560"}
{link text="【関連記事】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭が復活!招待作品に本年度アカデミー賞ノミネート作品も…" url="http://cinematoday.jp/page/N0012785"}
{link text="【関連記事】映画版『鉄腕アトム』のアトムの声は名子役フレディ・ハイモア" url="http://cinematoday.jp/page/N0013057"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 和泉元彌、家庭円満を必死にアピールするも、母セッチーがブチ壊し!!