シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オードリー・ヘプバーンのGAP広告「聞いていない!」と映画監督が訴訟

オードリー・ヘプバーンのGAP広告「聞いていない!」と映画監督が訴訟
オードリー・ヘップバーン - Paramount Pictures / Getty Images

 オードリー・ヘプバーンが踊っている姿を使ったGAPの広告に対し、無断で自分の映画を使ったとしてスタンリー・ドーネン監督がGAPを訴えた。この広告は映画『パリの恋人』の映像を使ったもので、AC/DCの“Back in Black”に合わせてオードリーが踊っているもの。パラマウント・ピクチャーズの了解を得て制作されたCMだが、映画を監督したスタンリー氏は一切知らされてなく、500万ドル(約5億円)の賠償金、またはこの広告によってパラマウントが得た金額と同額(監督が推定するに37万5,000ドル(約3,750万円))を求める訴訟を起こしたとTMZ.comは報じている。CMがオンエアされてから約2年経つが、なぜ今になって訴えたのかは明らかではないようだ。

{link text="【関連記事】ヒュー・グラント、エリザベス・ハーレイ、パパラッチ相手に勝訴" url="http://cinematoday.jp/page/N0013826"}
{link text="【関連記事】ニコール・キッドマン、香水訴訟で勝訴。全額をUNIFEMに寄付" url="http://cinematoday.jp/page/N0012315"}
{link text="【関連記事】ニコール・キッドマン、パパラッチの名誉毀損訴訟で証言" url="http://cinematoday.jp/page/N0012046"}


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 26日
  5. オードリー・ヘプバーンのGAP広告「聞いていない!」と映画監督が訴訟