シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チャウ・シンチー、映画版『グリーン・ホーネット』のカトー役と監督の座をゲット!

チャウ・シンチー、映画版『グリーン・ホーネット』のカトー役と監督の座をゲット!
チャウ・シンチー

 昨年からチャウ・シンチーが映画版『グリーン・ホーネット』でカトーを演じるのではと伝えられてきたが、ついに実現したようだ。製作するコロンビア・ピクチャーズが、シンチーが映画版『グリーン・ホーネット』で故ブルース・リーがふんしたカトーを演じるうえに、監督としてメガホンも取ると正式に発表した。映画『少林サッカー』『カンフーハッスル』で知られるチャウ・シンチーにとって、本作はアメリカでの初監督作品となる。

 本作は、今は亡きブルース・リーがアメリカでブレイクするきっかけとなった1960年代の人気テレビシリーズ「グリーン・ホーネット」を映画化するもので、新聞社の二代目社長ブリット・リードと助手のカトーがブラック・マスクをつけて悪と戦うヒーロー映画だ。正義のヒーローのグリーン・ホーネットことブリット役は映画『40歳の童貞男』のセス・ローゲンが演じる。セスは脚本と製作も務め、映画は2010年6月25日の全米公開を予定している。

 子どものころからブルース・リーの熱心なファンで、ファンクラブの名誉会長も務めていたというシンチー。尊敬するブルースが演じた役柄を演じるだけでなく、アメリカでの監督の仕事まで決まり大喜びだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 2日
  5. チャウ・シンチー、映画版『グリーン・ホーネット』のカトー役と監督の座をゲット!